リブ派じゃなくてもきっと好きになる!リブにたっぷり!!これだけの栄養素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

208_リブ_re

牛の『リブ』といえば、濃厚なうま味のある部位。適度な脂肪が含まれている、柔らかい肉質が特徴ですよね。実はこのリブには美味しさだけではなく、栄養もたっぷり。良質なたんぱく質はもちろん、ナイアシンやビタミンB群など豊富な栄養素がたっぷり詰まっているのです。

ナイアシンで気になる血糖値を改善

リブ100gの中に、4.6㎎も含まれているという『ナイアシン』は、インスリンの材料で、糖質の代謝には欠かせない成分です。つまり、血糖値の上昇を抑え、糖尿病の予防が期待できる成分。また、皮膚や粘膜を健康に保つ効果のあるナイアシンは、皮膚炎や口内炎などのトラブル予防や改善にも効果が期待できます。

ビタミンB6で肝臓病の原因“脂肪肝”を防ぐ

ナイアシン同様に、肌の健康を保つ『ビタミンB6』もリブの中には含まれています。その量はリブ100gに対し、0.34㎎。また脂質の代謝を促すビタミンB6には、肝臓への脂肪の蓄積(脂肪肝)を予防するはたらきも。この脂肪肝は、肝硬変などの病気の原因にもなる怖い症状。特にお酒を飲む人は、脂肪肝になりやすいと言われているので、意識して摂取したい栄養素です。

ビタミンB12で脳をリフレッシュし記憶力アップ

年をとった、と痛感するのは、記憶力が落ちた時ではないでしょうか。近年の調査から、脳の健康維持には『ビタミンB12』が有効であることが分かっています。このビタミンB12も牛リブに含まれている栄養素。認知症の予防や改善だけでなく、不眠症や自律神経失調症などの神経疾患の予防や改善に効果が期待できます。

亜鉛でツヤ肌ツヤ髪を目指す!

肌や髪の毛の健康に大きく影響する『亜鉛』も牛リブには含まれています。亜鉛という名前はよく聞くものの、その効果を知らない人も多いのではないでしょうか。亜鉛は、DNAの材料となり、細胞の新陳代謝を促進する物質。ですから、髪や肌など成長著しい部分には不可欠な栄養素で、不足すると肌荒れや脱毛などの原因になってしまいます。

トリプトファンで興奮を抑えイライラ防止

豊富なアミノ酸を含んでいるのも牛リブの特徴です。中でも『トリプトファン』と呼ばれるアミノ酸には、脳内の興奮を抑える効果があり、イライラ解消に役立ちます。さらに牛リブには、セロトニンというアミノ酸も含まれ、脳や自律神経に作用し、沈んだ気持ちも前向きにさせる効果が期待できます。

野菜と一緒に食べて栄養価アップ

牛リブといえば、焼き肉やステーキのメニューでよく見かける部位ですよね。柔らかいのが特徴ですが、一方で脂肪分が多いのが気になる方も多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが、ビタミンCや食物繊維を含んだ食材と一緒に摂取すること。これにより、脂肪分の吸収を抑え、栄養バランスもとることができます。例えば、焼き肉の場で頻繁に登場するサンチュは、最適な食材です。

また、網焼きや野菜とともに煮込み料理などに利用すれば、余計な脂肪も減らすことができ、あっさりといただくことができますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加