整腸作用で便秘改善とダイエットに大きな効果が!レンコンは優れた魅力がある食材

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蓮根_re

健康や美容に大きな効果があるレンコンとは?

レンコンは和食に多く使われているので日本人には馴染みの深い食材ですよね。「主役」ではないものの、料理の中にあることで美味しさもアップする人気の野菜です。

特に「和食」に登場することが多いイメージですが、実は中華や洋食へのアレンジもできます。最近ではレシピもたくさんあって、いろんなメニューにレンコンが入っているのを見る機会も多いですよね。また、正月にはおせり料理として「煮物」の中に入っているのを良く見かけます。

そんな馴染みの深いレンコンですが、健康や美容にも大活躍。これを見れば、きっとレンコンにさらに興味を持ってしまいそうなほど魅力がたくさんの野菜です。それでは、その効果についてご紹介していきます。

食物繊維が豊富なレンコンで便秘を解消しよう

毎日の生活の中、便秘に悩む方も多いですよね。便秘を解消するには「食物繊維」が適していると聞いたことのある方も多いでしょう。レンコンには食物繊維が豊富に入っています。そのため、レンコンを積極的に食べることで腸の中を整えてくれる効果が期待できます。

腸内健康が良く保たれることはスムーズな排便を促すことに繋がります。そこで、自然に便通が良くなってくるのを実感できるでしょう。また便秘が解消すれば、体重も減りますよね。ダイエットが気になる方にも嬉しい健康食材と言えます。

実はビタミンCも豊富

ビタミンCというとフルーツに多く入っていそうなイメージがありますよね。でも実はレンコンにもビタミンCが多く入っているのです。基本的にビタミンCは加熱に弱くそのまま食材を食べるのがふさわしいとされていますが、レンコンの場合はデンプン質に保護されているので加熱後も栄養分は減ることがありません。ビタミンCによって肌や髪を美しく健やかに保つ効果が期待できますよ。

粘りは「ムチン」によるもの!?

レンコンを食べた時には、ちょっとぬるぬるした糸を引く感じがするものですよね。実は、この粘りは「ムチン」という成分。この粘りは胃の粘膜を守ってくれる働きがあるので、胃腸の弱りを感じた時には積極的に食べることで免疫をアップさせます。疲労回復効果がありますから風邪などの時にも食べて元気を取り戻しましょう。

貧血にも効果的!?レンコンに含まれるビタミンB12の働きとは

ビタミンB12という成分がレンコンには含まれています。この成分は鉄分の吸収を良くする働きがあり、貧血に悩む人にもおすすめです。また、血を止める作用も強く期待できます。これはレンコンに含まれるタンニンという成分が大きく働きます。このタンニンはポリフェノールの一種で、炎症を鎮める効果もあり傷の治りをよくする作用もあります。まだ消炎効果は肌荒れにも優れた効果を発揮しますので、肌のトラブルに悩む方にも注目したい食品ですよね。

レンコンは煮物に使われるのが人気となっていますが、アレンジ次第ではいろいろな調理方法があります。レンコンの間に肉を挟んでフライにすると、子供達も食べやすいですよね。また、ちらし寿司に入っているのも定番です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加