霊芝(レイシ)のすごい効能!免疫力アップで花粉症改善!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漢方_re

「花粉の時期は、鼻水がとまらない・・・」と、花粉症で悩んでいませんか?そんな人におすすめなのが『霊芝(レイシ)』。霊芝(レイシ)とは、茸の一種で、免疫機能を向上させる効果があることから、花粉症に効果的なことが判明されたのです。そこで今回は、霊芝(レイシ)の栄養や効果、摂取方法、1日の摂取量などをご紹介します。

霊芝(レイシ)とは

霊芝(レイシ)は「サルノコシカケ」という茸の一種で、古くから中国で漢方薬として用いられてきました。とても希少価値の高い茸で、手に入るものは人工栽培されたものが殆どです。研究の歴史は、中国のほうが古いですが、日本でも20世紀から研究が本格化し、現在にいたるまで健康食品などへの利用が広がってきました。免疫機能を調節するほか、ゲルマニウムなどのミネラル分が、体全体の新陳代謝にも良いとされています。

霊芝(レイシ)の栄養

霊芝(レイシ)はミネラル豊富で、鉄・銅・カルシウムなど健康に不可欠なものをバランスよく摂ることができます。中でも有機ゲルマニウムを沢山含んでおり、血の巡りを促すほか、血中の酸素を増やしてからだ全体の細胞を元気にしてくれる効果があります。ミネラルは、体内で”数種類のミネラルが相互に助け合って働く”ことから、色々な種類を少しずつ摂ったほうがよいと言われています。その点からも、霊芝(レイシ)は優れた栄養素といえるでしょう。

霊芝(レイシ)の効果

「少しの刺激ですぐに肌が痒くなる」、「花粉に反応して鼻水が止まらない」などの症状で、お悩みの方は多いことでしょう。若いときには平気だったのに、30代ぐらいから、そのようなからだの変化に気付かれる方も少なくないようです。霊芝(レイシ)には、からだ全体の免疫機能を調節する作用があり、花粉症を改善する効果があります。加齢により、少しづつバランスを失いがちな免疫機能を、丁度よいレベルに保つ手伝いをしてくれるのです。

霊芝(レイシ)の摂取方法

サプリメント

霊芝(レイシ)はそのままだととても硬いので、吸収しやすく加工してあるサプリメントで摂るのが最も手軽な方法でしょう。「鹿角霊芝(ろっかくれいし)」と呼ばれる、栄養価の高い種類のものには、高級なイメージがあるようですが、一般的な霊芝なら、意外に低コストで手に入るかもしれません。農薬などを使っていないか、また値段に見合った十分な量が含まれているか、なども考えて選ぶとよいでしょう。

コーヒー、ココア

霊芝(レイシ)は本来煎じてお茶にして飲むようですが、最近では、コーヒーやココア、また紅茶や緑茶も「霊芝入り」が登場しています。ココアはWEBショップ上などで、人気を集めているようです。霊芝は苦いので、甘味と合わせたほうが飲みやすいのかもしれません。また、パンやフィナンシェなどのスイーツに合わせるケースもあるようです。

霊芝(レイシ)の1日の摂取量

霊芝(レイシ)は茸の一種なので、特に摂取推奨量は定められてはいません。しかし、サプリメントに上限量等が記載されている場合は、念のために守ようにしましょう。

霊芝(レイシ)の副作用

霊芝は、歴史が非常に古い割に、副作用の記録が殆ど見つからないと言われています。これは、副作用がでないくらい”効き目が穏やか”であることも意味しています。効果を得るためには、長期間少しづつ摂るのがベストかもしれません。

まとめ

霊芝(レイシ)は、ゲルマニウムなどのミネラル豊富で、血行を良くし、過敏な体質も和らげてくれます。日本での漢方薬としての利用は、当たり前ながら中国に及ぶほどは盛んではありませんが、サプリメントとしての知名度は近年かなり上がったようです。また、免疫機能を調節し、全身の血管と細胞も元気にしてくれますから、”忙しい方”や、”生活リズムが変化しやすい方”は積極的に摂取しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加