老化を防いで若々しく!見た目から想像できないラズベリーの秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

220_ラズベリー_re

見た目から想像できない!美容・健康効果の高いラズベリー

ラズベリーとは、バラ科キイチゴ科の植物で、その実は美しい赤色をしており、甘酸っぱい味わいが特徴的です。

ジャムやケーキなどに使用されることが多いのですが、香り成分に脂肪を分解する働きが、果実にはエラグ酸やアントシアニン、ビタミン、葉酸、食物繊維などが豊富に含まれ、美容と健康に大きく役立ってくれるのです。

老化を防いで若々しくなるラズベリーの抗酸化作用

ラズベリーには、アントシアニンやケルセチン、エラグ酸といった抗酸化物質が含まれています。アントシアニンは眼に存在するロドプシンという成分の合成をサポートすることで、眼精疲労や眼疾患の改善効果を発揮します。

また、エラグ酸は、メラニンの生成を抑制する働きがあるので、肌を白く美しくする作用もあり、アントシアニンとの相乗効果によってより抗酸化作用が強くなります。

甘酸っぱい香りがダイエットを成功させる

香り成分であるラズベリーケトンには、脂肪と脂肪分解酵素のリパーゼを結合しやすくさせる働きがあります。リパーゼによってグリセロールと脂肪酸に分解されると体外に排出されたり、筋肉など基礎代謝のために使われるため、脂肪燃焼効果も期待できます。

その効果は唐辛子に含まれているカプサイシンの3倍もあるため、効率よくダイエットすることができます。

生食が美味しいが手に入りにくい

ラズベリーは、生のまま食べると、その酸味を楽しめる果実です。しかし、日本ではまだ多く栽培されていないため、国産のものを手に入れるのは難しく、多くは外国産の冷凍ものが出回っています。

また、甘味が少ないため、ジャムやソースに加工すると食べやすくなりますが、熱に弱い栄養素が多いので、加熱は最小限にして調理しましょう。

ラズベリーの葉のお茶は女性におすすめ

ラズベリーの葉はハーブティーとして飲むことができます。葉には収れん作用や強壮作作用、貧血予防作用や生理痛の緩和作用などの効果があり、特に妊娠中、出産後の女性に適しています。収斂作用によって子宮と骨盤の筋肉が強化されて子宮収縮しやすくなり、スムーズな出産をサポートしてくれます。

また、出産後の女性の体力を回復し、血液の生成や子宮収縮の促進によって母乳が作られやすいようにしてくれるのです。

ラズベリーは摂り過ぎる危険性はない

ラズベリーは副作用が報告されていないので、1日あたりの摂取目安量は特に決められていませんが、サプリメントから摂取する場合は過剰摂取に注意しなければなりません。

生食の場合は、過剰摂取になる心配はありませんが、海外産の冷凍されたものを食べる際は、食中毒を防ぐために十分に加熱してから食べると安心です。

おやつに最適!ラズベリーで美容と健康を手に入れよう

ラズベリーは冷凍品であれば比較的手に入りやすいため、毎日の生活に取り入れることで簡単に美容、健康効果を得ることができます。甘酸っぱい果実は朝食やおやつに、リーフティーは休憩やリラックスしたいときに最適です。

ただ、果実は熱に弱いので、ジャムなどに加工する場合は、実がつぶれない程度に熱を加えるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加