ラクトフェリンで免疫力を強くして、お肌も身体も強くなろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元気な女性2_re

ラクトフェリンで免疫力を強くして、お肌も身体も強くなる

ラクトフェリンは、腸内環境を整えてくれる栄養素としてとても有名ですが、貧血の改善作用、脂質代謝改善作用、抗炎症作用、さらには免疫調整機能など、身体にうれしい効果をたくさん持っているたんぱく質です。

母乳や哺乳動物の乳などに含まれていて、鉄とたんぱく質を結びつける働きをもっています。ダイエットや美肌作りに効果的です。

腸内の環境を整えて、悪いものを出していいものをとりいれる

ラクトフェリンはビフィズス菌を増やしてくれて、腸内細菌のバランスを整えてくれる効果があります。腸内環境が整うと、体内の新陳代謝が向上し、血行が良くなって、栄養が身体のすみずみまで行き届いてくれるようになります。

体内の有害物質、老廃物をスムーズに排出できるようになることは、必要な栄養を身体に補うためにもとても重要なことです。

外敵に強いお肌と身体を作ろう

ラクトフェリンを継続してとることで、腸内環境が整い、デトックス効果が期待できます。その結果、ダイエット効果だけでなく美肌効果も期待できます。しかし、美肌に効果的といわれる理由はそれだけではありません。

免疫力を高める効果も持っているので、健康的なお肌と身体作りに役立ちます。また、強い抗酸化作用で、しみやしわも防止してくれるのです。

ラクトフェリンといえば乳製品

母乳や哺乳動物の乳にラクトフェリンは含まれているので、ヨーグルトやチーズ、牛乳などにも含まれています。しかし、熱に弱く加熱殺菌されているものにはほとんど含まれていません。

そのため、健康機能の高い乳製品や加熱処理の施されていないナチュラルチーズなどから摂取するようにするといいでしょう。

食事だけでは取りきれない、そんなときはサプリメント

熱に弱いだけでなく、胃酸や酵素にも弱い特徴をもつラクトフェリンは、たとえ食物から摂取できたとしても胃酸で分解されてしまいます。そこで取り入れたいのがサプリメントですね。特に溶腸タイプのサプリメントを購入しましょう。

サプリメントだけでなく、健康補助食品なども上手に取り入れて、継続的に摂取するようにしましょう。

摂取しづらいことが難点

ラクトフェリンの1日の摂取目安量は300~500mgで一定量を継続してとることで高い効果が得られます。しかし、熱や胃酸、酵素に弱いためどうしても不足しがちです。

ナチュラルチーズに含まれているといっても100gあたり0.3gでとても少なく、食品からの摂取は非常に難しいため、サプリメントや健康補助食品で補うしかなさそうです。

ダイエットと美肌の味方ラクトフェリンは、毎日摂取する習慣を!

ラクトフェリンは腸内環境の正常化や免疫力を高める効果だけでなく、抗酸化作用も持っていて、しみやしわの原因となる活性酸素を除去してくれます。紫外線や外食中心の生活だけでなく、パソコンや携帯電話などによる磁波も活性酸素の原因となります。

一定量を毎日欠かさず摂取していけば、ダイエットやら美肌などの効果が期待できるので、将来の自分の体やお肌のためにうまく摂取していきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加