経営理念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経営理念:ヒト・ファースト

社会から必要とされる会社であり続けるために、私たちは真の「ヒト・ファースト」とは何か?を問い続けています。

キュービックが理想としているのは、すべてにおいて「ヒト」と向き合う経営です。デジタル化・IT化は進む一方ですが、繋がるのは結局ヒトとヒト。どんな場面においてもこの本質に軸足を置き続けることが、キュービックの経営理念であり、成長戦略です。

事業における「ヒト・ファースト」

キュービックの事業領域はデジタルマーケティングですが、その本質はデータやwebサイトと向き合う仕事ではなく、パソコンやスマートフォンの画面の向こう側にいる「ヒト」を動かす仕事です。デジタルだからこそデータに頼らない。フィールドワークで収集したインサイトを活用してマーケティング効率を飛躍的に効率化する技術が、キュービックのコアコンピタンスとなっています。

仕事における「ヒト・ファースト」

社内社外問わず、「コミュニケーションで仕事をする」ことを重視しています。社内においては、仲間を尊重し受容し合うこと・仕事そのものを楽しむこと。また、取引関係においては「接点」となる担当者同士の関係にフォーカスし、「業者扱い」ではないパートナーとしての強固な関係構築を目指しています。

人事における「ヒト・ファースト」

キュービックでは、ヒトの弱みや課題にばかり目を向けるのではなく、個性や持ち味が発揮されるような配置・評価・育成、そして風土づくりを心がけています。採用においてはスキルフィット以上にカルチャーフィットを重視し、会社とヒトとの成長の方向性を一致させることをゴールとしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加