こちらはサンプルになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらはサンプルになります。

・以下の通り、見出しには■をつけてください。
・見出しは3個〜5個でお願いいたします。
・見出しにも指定のキーワードを1つ以上使用してください。
・見出しの文字数は15文字〜30文字でお願いいたします。

—————
サンプルここから
—————

コラムタイトル:クレカの海外旅行保険は自動付帯?渡航前に必ずチェック!

■海外旅行は必ず保険に加入してから!

海外旅行に行く際、保険に必ず入っていますか?海外で病気や怪我など、何かあると医療費は超高額。数十万円から、下手すると100万円を超えてくることもザラだとか。

そうそう長く滞在するわけでもなければ、なかなか海外で病院のお世話になるということ自体が想像できないもの。でも、現地の食べ物でお腹を壊してしまったり、現地の病気をうっかりもらってしまったり、海で転んで大きな怪我をしてしまったり、慣れないドライブでぶつかってしまったり…考えようと思えばきりがありません。

また、小さいお子様や年配の方をお連れしての海外旅行になるとますます怖いですよね。無保険で海外旅行に行くのはかなりのリスクです。念のため保険には入っておきたいところ。

■海外旅行保険、安心を買うにはちょっと高い?

かといって、旅行保険ってちょっと高いんですよね。旅行代金の一部だと思って支払えない金額ではありませんが、少し気になる値段です。

例えばハワイに4泊6日行く場合。1,000万円程度の保障を考えると1人あたり2,500円〜高いところでは5,000円以上。4人家族なら1万円〜2万円といったところです。シンガポールやベトナムといったアジアであれば少し安くなって、だいたい2,000円〜4,000円あたりでしょうか。

そこで思い出すのが、クレジットカードの海外旅行保険。「そういえば、私はクレジットカードに海外旅行保険がついているから大丈夫!」ということで、ろくに調べもせずに海外旅行に出かけようとしていませんか?でもちょっと待って!そのクレジットカード、海外旅行保険は「自動付帯」と「利用付帯」のどちらですか?

■海外旅行の自動付帯と利用付帯、何がどう違うの?

クレジットカードをその海外旅行で一切使わなくても、勝手に保障してくれるのが自動付帯。なんと、クレジットカードを旅行先の現地に持っていかなくても旅行中の障害や死亡、携行品の盗難について保障してくれるものがあるのです。これは知らないと結構びっくりする方もいるかもしれません。

一方、旅行代金の支払いや現地でのお土産の買い物などにクレジットカードを使った場合にのみ付帯されるのが利用付帯。利用付帯の中には、「現地で買い物を1回すればいいだけ」というクレジットカードもあれば、パッケージツアーの全てをクレジットカードで支払わないと保障の対象外!というものもあります。

いずれにしても、事前にチェックが必要ですね。恐らく、お持ちのクレジットカードは1枚ではないはず!複数枚お持ちのクレジットカードにつき、保険の付帯状況については全て調べておきたいところです。

■自動付帯ってお得すぎ?でもやっぱり落とし穴が…

自動付帯なら保険料も支払っていないのに保障してくれるなんて!と思うかもしれませんが、さすがに年会費無料のクレジットカードに海外旅行保険が自動付帯されていることはほぼありません。

もしあなたのクレジットカードが年会費無料だったら、自動付帯の可能性は限りなくゼロに近い!ということに。そういう意味ではクレジットカードの年会費も悪くないかもしれませんね。海外旅行に年に2回以上行くという方は、年間1,000円〜3,000円程度で保険の安心を買えるということになれば十分ペイします。

なお、自動付帯の場合には現地にクレジットカードを持っていかなくても保障の対象になりますが、万が一の際の連絡先がクレジットカードの裏面に書いてあることも多いですよね。連絡先ぐらいは控えてから旅行に行きましょう。

—————
サンプルここまで
—————

タスク実施の際には指定のキーワードを必ずご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加