生理前のつらいPMSには積極的にこれを食べて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

39_納豆豆腐_re

自宅でパソコンに向かって仕事をしています。ほぼ1日パソコンの前なので、目が疲れたり、頭が痛くなったり、肩が凝ります。運動不足だから、食事からの摂取カロリーを控えています。外見は、他の人から見ると痩せていると言われますが、下半身が太っています。

ストレスから生理前のPMSがひどい

生理前になると体調が優れなくなります。だいたい生理が始まってから2週間目辺りからずっとえらいです。たくさん寝たはずなのに寝起きが辛く、起きてもしばらくは、だるく、元気のない顔をしています。指先を見ると血色が悪く紫色をしています。とにかく血行が良くなくて、寝ていたいって思います。

生理前は腹痛が突然襲ってきて何回もトイレに行きたくなります。すると、溜まっていた便が一気に出てすっきりするけど、出すまでが本当に苦しいです。食欲はなくなり、胃腸薬も手放せません。水分の摂りすぎはPMSが悪化するからと聞いて控えていますが、一向に改善しません。とにかく冷えているのでコタツが手放せず入れっぱなしです。

ヨーグルトと豆腐を積極的に摂取している

ヨーグルトは、便秘改善のために毎日1回は摂るようにしています。食べているヨーグルトは、明治ブルガリアヨーグルトで、りんごを切ってきな粉を入れて食べることが多いです。きな粉を入れることで、食べやすくなります。温めたほうが体を冷やさないのでホットヨーグルトで食べています。豆腐は味噌汁にしたり、細かく砕いておからに混ぜています。

あとは、納豆も摂取しています。黒ゴマを入れて食べると、香ばしくて美味しくいただけます。そして、食事のときは白湯を少しだけコップに注いで飲んでいます。体を温めるためにホットココアを飲んだり、温かいきな粉牛乳を飲んだりもします。

女性ホルモンに良い豆類とヨーグルト

納豆に含まれるナットウキナーゼは血液をサラサラにしてくれて、血の巡りを良くしてくれます。それに女性ホルモンを整える働きがあるので、美肌になります。豆腐も納豆と同じで女性ホルモンを整えてくれます。私が実践している豆腐入りみそ汁は、味噌にも女性ホルモンを整える働きがあるために最強の組み合わせです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、便秘改善に効果があります。便秘が改善すれば肌荒れも治り、その結果、化粧ノリもよくなります。腸が免疫機能を司っている器官だという事で、腸が元気になれば疲労回復効果もあります。

ヨーグルトはデザートになり、健康にもいい

明治ブルガリアヨーグルトはスーパーで150円ぐらいで買えます。毎日1回食べても5日ぐらいは持ちます。1ヶ月で1000円程で済んでいるのでお値打ちです。フルーツを混ぜてデザート感覚で楽しめるので、お菓子を食べなくて済みます。実際摂取しているおかげで、お腹は痛くなるものの、しっかりと便が出ています。ヨーグルトはゼリーと混ぜても美味しいし、旬の果物を混ぜて楽しめます。

おすすめは、りんごヨーグルトです。りんごを組み合わせることで腸内で善玉菌が増えて便秘対策にいいです。アクセントとしてシナモンをかければ体が温まって血流改善効果があるし、抜け毛予防にもなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加