つらいPMSにはやっぱり女性ホルモン!大豆製品を積極的に摂取して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

89_大豆_re

熊本県で夫とチワワと2人と一匹で暮らしています。

夫婦とも同じ会社で、部署違いで仕事をしています。

日勤/夜勤 のある仕事です。

私の仕事はデスクワークで、

ほとんど動くことがありません。

家事分担は 悲しいかなほぼ私で、

夜勤のときは、夫も自炊します。

年齢とともに、体の不調が増えてきた

肩こりや腰痛が出てきた。

PMSが酷い。

豆乳を毎日飲むようにしている。

血の巡りをよくするために、当帰芍薬散を飲んでいる。

温めた豆乳を毎日飲んでいること。

納豆、人参、大葉、ねぎ、ヨーグルトなどは、

意識して取るようにしています。

最近、主食を、発芽玄米に変えました。

気をつけていることは、塩分の過剰摂取です。

浮腫みやすく、PMSがひどいときは

浮腫みで憂鬱になるので、

インスタントラーメンなどは、なるべく食べないようにしています。

大麦若葉やコーヒーなども温かいものを飲むようにしています。

豆乳がPMSに良いと聞いたので

豆乳には女性ホルモンに似た作用がある、PMSに有効と聞いたので、

それからは、毎日心がけて飲んでいました。

そのうちに味そのものが好きになり、今では美味しいから飲む

といった感じです。

人参、納豆、ヨーグルトなども

自分好みの料理レシピを見つけたり、

好みの銘柄を見つけて、

美味しくて体にもいい一石二鳥な感じで取り入れています。

体にいいものを自分流にアレンジして、美味しく頂くように

工夫しています。

体を温める人参も大好きになりました。

豆乳はコストパフォーマンスもよい

キッコーマンの調整豆乳がお気に入りです。

1リットルのものは、コストパフォーマンスが良くて

家には必ず常備してあります。

職場には200mlのものを持参しています。

人参、納豆なども価格が安定して安いので冷蔵庫には必ずあり、

余すこともありません。

ヨーグルトは、ちょっと高いな、と思うけれど

味に納得の ダノンビオ(プレーン加糖)一筋です。

どれをとっても自分のお気に入りになってしまい、

はずせない食品です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加