ピーナッツバターに含まれるベヘン酸がスゴイ!代謝を促し栄養補給を促進してくれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピーナツバター_re

「ベヘン酸」は栄養補給に大きな効果あり

ベヘン酸という言葉を初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか。この成分の特徴は素早く体に栄養分を取り入れてくれるということ。ベヘン酸のおかげで体に摂りこまれたさまざまな栄養分をすぐさま「エネルギー」へ変えてくれるので元気を取り戻す効果があります。それもすぐに栄養変換してくれるので、体力がない時にも嬉しい成分ですよね。

「ちょっと疲れた」という時には、少し食べただけでもなかなか体力が回復しないものですが、ベヘン酸が体内にあることでエネルギーを多く生み出すことができるというわけです。体力が弱まっている時、あるいは少し疲労がたまっている時の急激な栄養補給には最適です。

新陳代謝を促してくれるベヘン酸

また新陳代謝にも活発な働きを見せてくれます。ベヘン酸はエネルギーに変換する時に、体の中にある古い脂肪を利用します。そのため、体の新陳代謝が高まるのです。新陳代謝がアップすることはアンチエイジングの効果が期待できるので老化を気にしている人にもおすすめの成分なのです。

人間の体には老廃物が溜まるものです。体の中に不必要とされている老廃物ですが溜めておくことは体にとっては悪影響。そのため、スムーズに体から排出してあげることが理想的。とは言っても、年齢とともに代謝が悪くなり、排出されにくくなるものなのです。ところがベヘン酸は老廃物をスムーズに体外へ出すサポートをしてくれる成分です。また老廃物が出ていくことで細胞が活発化して体を若く保つ秘訣ともなります。

ベヘン酸が含まれる食材について

このように健康効果が高いベヘン酸ですが、どういった食材に多く含まれているのでしょうか。ベヘン酸がたっぷりと含まれているのは主にナッツ類です。ピーナッツや落花生などは有名なんですよ。それに食べやすいというのが魅力。ピーナッツならピーナッツバターがおススメ。なんと言っても、朝食がパン食という人には毎朝のように食べることができるというメリットがあります。それにエネルギー効率のいいベヘン酸ですから、朝食に食べることは一日のエネルギー源ともなりますね。

また、その他には油分が多い食材にもベヘン酸が含まれているのです。身近なところで「マヨネーズ」。マヨネーズって、料理にたくさん活躍してくれて、アレンジがたくさんありますよね。そのために、毎日のように隠し味として料理に用いても飽きません。落花生などは、すぐに食べられて美味しいですが、続けにくいという難点があるでしょう。マヨネーズはサラダに直接かけてもOKですし、調理にちょいと混ぜるだけで美味しくなる有能な食品ですよね。

ベヘン酸は体を健やかに保ってくれる

ピーナッツや落花生、マヨネーズなどの身近な食材から摂取が可能な嬉しい栄養成分のベヘン酸。疲労回復の時の栄養補給のスピードを高めてくれて、エネルギー源となります。アンチエイジング効果もあるため、体を若々しく保つならベヘン酸がおススメ。新陳代謝を高めて新しい細胞や皮膚を再生してくれることでしょう。免疫も高まるので風邪をひきにくい丈夫な体になることも期待できそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加