栄養補給にはコレ!ペンタデカン酸の働きと摂取方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バター_re

ペンタデカン酸は少しの量でもエネルギー源となる

ペンタデカン酸とは、あまり聞き馴染みのない成分と感じた方も多いのではないでしょうか。実は、案外身近な食品から摂取できる栄養成分です。ナチュラルチーズやバターといったような乳製品に豊富に含まれている成分ですので、知らず知らずのうちにこの成分を摂取しているかもしれませんね。

ところで、この成分、気軽に摂取できるのに栄養源となる素晴らしい成分なんです。ペンタデカン酸は「エネルギー源」として少量を摂取しても、体の中で大きなエネルギーとなってくれます。そのため「栄養不足だな」と感じた人もペンタデカン酸を少し執り入れるだけで、栄養補給となってくれる優秀な成分と言えます。

コレステロールを適正値に!

ペンタデカン酸を摂取すると体内の善玉コレステロールが増えます。コレステロールというと、あまり良くないイメージもありますが、ペンタデカン酸は体内の善玉コレステロールを調整してくれる効果があり注目です。

これによって得られるのは、血流を改善してくれること。血液の流れが滞ることは、あらゆる病気を引き起こす原因ともなるので、血液の流れを整えて血管を丈夫にしてくれるペンタデカン酸は、体の健康維持には嬉しい効果をもたらすといえるでしょう。血流の悪さを改善したい人にはおススメの成分ですね。

代謝アップにはペンタデカン酸

肥満は生活習慣病を引き起こす症状ですよね。太って体に脂肪がつくことは、さまざまな病気のリスクを高めることにも繋がるので、放置してはいけないと言われています。そのために、肥満傾向になりつつある人もそうでない人も体脂肪がつかないようにした方がいいのです。

そこでこのペンタデカン酸の働きに注目したいところです。ペンタデカン酸は体の中に脂肪を溜めこまないようにする働きと同時に、エネルギー変換をスピーディーにする作用もあります。この結果、体の中の脂肪は減りますので肥満予防には、効果がある成分と注目されています。

ペンタデカン酸の上手な摂取方法とは?

このようにペンタデカン酸の効果は健康を意識する人には嬉しいものばかり。身近な乳製品に含まれているので上手に摂取したいものですね。

特に注目したいのはバター。ペンタデカン酸が多く含まれているバターですが、パンや洋菓子にもバターが原料となっているので、気軽に取り入れることができますよね。また料理に使えることでも有名。炒め物をするときに油の代わりにバターを使ったりできます。バターライスなどは日本人のお口にもよくあって好まれていますね。コクが深い味になるので、カレーやシチューにも隠し味として相性抜群です。

またチーズにもペンタデカン酸が豊富に入っています。チーズも調理方法を工夫して、さまざまな料理に使えますよね。お酒のおつまみとしても、相性がバッチリなので多くの方に好まれています。

ペンタデカン酸は適量に摂取が効果を引き出す

ペンタデカン酸の効果を期待するあまり多量に摂取するのは禁物です。調理に使う時には、入れ過ぎに注意したいところですね。脂肪が気になる・・・という人は、ペンタデカン酸の代謝アップの効果を引き出してみるのがおススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加