カラフルなパプリカで風邪の予防や美肌効果!色によって使い分けよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パプリカ_re

「ピーマン=緑。パプリカ=赤か黄色、時々オレンジ色。」昔は深く考えずそう覚えていませんでしたか?ところが、突然「赤ピーマン」なるものをスーパーで見つけて「???パプリカの日本名かしら…」。パプリカとピーマンの違い、覚えましょう。

ピーマンとは

子供が嫌いな野菜トップ3に入ると言われるピーマン。ナス科トウガラシ属の一年草で、アメリカから伝わりました。普段食べている緑のピーマンは、実は未成熟だから。子供が嫌がる青臭さはそこから来ています。完熟したものは赤や黄色・オレンジ色になり、苦みが弱くほんのり甘みがあります。

トウガラシ属ではありますが、カプサイシンをほとんど含まずどの色の時も全く辛くありません。英語ではコショウを表わすpepperを使い「greenpepper」と呼んでいます。(ちなみに唐辛子はredpepper、chilipepperと呼ばれます)

「フルーツピーマン」と呼ばれるものもあり、糖度が8度くらいと甘みが強いのが特徴です。赤、黄、オレンジ、濃紫などカラフルで、「アナスタシア」「セニョリータ」「スウィーピー」などの品種があります。その他、バナナピーマン、ピー太郎(こどもピーマン)など、青臭くないピーマンの開発が進んでいて、茨城県、宮崎県、高知県が三大栽培地です。韓国やオランダなどからも多く輸入されています。

パプリカとは

これもトウガラシ属で、ピーマンの仲間です。トウガラシ属からピーマンと別れた栽培品種で、ハンガリー原産です。日本では元々ほとんど栽培されておらず、現在も取扱量の56%が韓国産、ニュージーランド産が15%、オランダ産が14%と8割以上が外国産です。

私たちが見るのは赤や黄色、オレンジですが、ピーマン同様未成熟なグリーンパプリカもあります。ピーマンに比べると大型のベル型でかなり肉厚なのが特徴で、非常にジューシー。苦みや青臭さも全くありません。ピーマンとの違いは、その栄養価の高さです。しかも、色ごとに違うのです。

各パプリカの栄養素や効果の違い

赤パプリカ

赤パプリカの赤色の成分はカプサンチンという色素の一種です。トウガラシ属ですがカプサイシンは劣性遺伝子のため、純系である唐辛子以外ではあの辛味が出ません。逆に、パプリカの中で一番甘いのが赤パプリカです。

<生活習慣病・老化防止>

カプサンチンは非常に優れた抗酸化作用がある成分です。活性酸素などを除去し、DNAの損傷を防ぎます。そのため生活習慣病予防や老化防止に効果があるとされています。またがんの予防効果に対しても最近研究が進んでいます。

<動脈硬化予防>

善玉コレステロールを増やす働きがあります。善玉コレステロールは体内の老廃物を排泄するために必要な成分です。

黄パプリカ

ビタミンCとルテインを多く含んでいます。

<生活習慣病・老化防止>

ビタミンCやルテインには抗酸化作用があり、活性酸素の増加を抑える力があります。ルテインは特に目の老化防止に作用すると言われています。

<美肌効果>

ビタミンCがコラーゲンの生成を助けるので、シワやたるみに効果があります。またメラニン色素の元となるチロシナーゼの働きを阻止するので、日焼けや色素沈着を予防します。ルテインも紫外線のダメージから肌を守ります。

<免疫力強化>

ビタミンCが白血球の働きを促進し、病原菌と戦ってくれます。

オレンジパプリカ

赤黄パプリカ双方の成分を持ち、最も栄養素が高いと言われています。生活習慣病予防のβ-カロテン、ビタミンC、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEを豊富に含んでいます。

β-カロテンはピーマンの20倍、ビタミンCは3倍含まれているとされていますので、オレンジパプリカが一番おすすめです。

パプリカを効率的に摂るには

普通、ビタミンCは熱に弱いので、生で食べろと言われていますね。でもパプリカの場合、ビタミンPと呼ばれるポリフェノールを含んでいて、熱を加えてもビタミンCの働きを持続させる働きをします。また、ビタミンPにも抗酸化作用がありますから、パプリカのカプサンチンと併せて抗酸化作用をさらに高めてくれます。

また、オレンジパプリカに多く含まれるβ-カロテンは熱や油を加えることで吸収率が良くなりますし、ビタミンEも同様です。ですから、パプリカは炒め料理に使うのが最も効率的です。

また、通常捨ててしまうパプリカのわたや種ですが、こちらにも栄養素があります。わたにはピラジンという血液サラサラ成分が含まれていて、糖尿病や脳血栓心筋梗塞の予防に効果があるとして注目されています。種には余分な塩分を排出するカリウムがたっぷりです。細かく刻み、ひき肉に混ぜると簡単ですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加