体質を改善するならパパイヤがおススメ!?栄養満点の秘密とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

95_パパイヤ_re

パパイヤに含まれるベンジルイソチオシアネートがスゴイ!

パパイヤは南の島の果実として多くの方知っているフルーツ。何となく頭の中でイメージできますが、実際に食べたことがあるという方もいるかもしれません。

日本人にはあまりなじみのない食べ物ですが、実はパパイヤに含まれるベンジルイソチオシアネートという成分がスゴイと注目されているんです。ベンジルイソチオシアネートは、植物マカにも入っている成分。マカと聞くと滋養強壮を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

その通り、ベンジルイソチオシアネートは体の滋養強壮に役立つ成分です。「ちょっと疲れたな」「最近体力がなくなってきた」という元気がない人にもおススメ。毎日、仕事や家事に追われて「ストレス」や「疲れ」を溜めこんだまま生活している人って実は多いですよね。疲労が蓄積してしまうと体のホルモンバランスが崩れてきます。ベンジルイソチオシアネートは男女ともに「ホルモンバランス」を整える働きがあります。

ホルモン分泌を促してくれる効果は男性にも女性にも嬉しい

男性なら「精力復活」のサポートもしてくれますし、女性なら「更年期障害」を緩和してくれます。成長ホルモンを活発にしてくれますから疲労回復効果があって男性は滋養強壮効果を期待できますよ。また女性ホルモンを整えてくれるので、生理不順を改善する働きもあります。

えっ?ベンジルイソチオシアネートって辛い成分なの?

ベンジルイソチオシアネートという成分は、なかなか聞き馴染みのない成分ですが、実は辛い味がするんです。辛みと聞くとピンとくる方もいるかもしれませんが、実はわさびやダイコンにも含まれています。私達、日本人の食生活には「わさび」はなじみ深いですよね。お寿司を食べる習慣のある日本では、わさびは食卓にのぼる機会も多いですね。ただわさびは独特の辛みがあって苦手という方もいるでしょう。それは、ベンジルイソチオシアネートの辛み成分なんですね。

ベンジルイソチオシアネートが含まれるパパイヤを美味しく食べよう

ベンジルイソチオシアネートはパパイヤの果肉、そして種にもたっぷりと含まれています。特に、種の部分が最もベンジルイソチオシアネートの成分が多い部分。ここを重点的に食べるようにするといいかもしれません。そこで、細かく砕いてドリンクに混ぜたり、ドレッシングの中に混ぜてサラダにして食べたりなど、アレンジ次第では幅広い活用法がありますよ。

上手に摂取して元気パワーを復活させよう

体の元気を復活させてくれるベンジルイソチオシアネート。男性も女性も、体の疲れを取るとともに機能改善の手助けをしてくれる嬉しい魅力ある成分ですね。意識的に摂取して健康サポートを期待したいところです。

パパイヤを上手に食べるのもいいですし、身近な食材としてわさびを意識的に食べるのもいいですね。また、苦みが苦手という人はサプリメントで摂取するのも手軽でおススメです。最近、疲れがたまっている、元気がない、更年期がだるい・・・なんていう人は是非試してみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加