青パパイヤの酵素「パパイン」は健康、美肌やダイエットに最適!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

95_パパイヤ_re

「パパイン」は、名前から想像できるように青パパイヤの酵素のこと。アメリカでは古くから消化と助けるサプリメントとして知られています。今回は、南国のフルーツパパイヤと「パパイン」についてです。

「パパイヤ」とは

日本では沖縄などに自生しているパパイヤは、メキシコや西インド諸島が原産の熱帯の樹木です。パパイヤ科なのですが種の成分はわさびと同じなので、種だけ食べるとわさびという不思議な果物です。ビタミンやミネラルが豊富で、特にビタミンCは飛び抜けています。フィリピンやタイ、沖縄では果物というより野菜として考えられていて、青パパイヤの皮を剥いて水にさらしてから炒め物などに使います。

「パパイン」の効能・効果

「パパイン」は熟す前の青パパイヤの果実や葉に含まれている消化酵素のこと。強い分解力があり、酵素の王様と呼ばれるほどです。フェイスウォッシュ製品などに使われていますが、実はサプリメントとして内服するのは日本では禁止。パパインはその作用の強力さから医薬品に指定されているからなんです。でも、果物として食べる分には大丈夫ですよ。抗酸化作用や分解作用があり、健康や美容にぴったりです。

活性酸素除去

パパインにはポリフェノールやβークリプトキサンチン、イソチオシアネート、カルパインといった活性酸素を除去する抗酸化成分が豊富に含まれています。活性酸素は、適量であれば細胞を守ってくれ、健康に必要なものです。ところが酸化力が強すぎるため、増えすぎると細胞にダメージを与えてしまいます。細胞というのは全身にくまなくあるものですから、どんどん体内から老化してしまうのです。

ダイエット効果

パパイヤにはパパインのほかキモパパイン、カルパインなど多くの種類の酵素が含まれています。これらには「たんぱく質分解」「脂肪分解」「糖分分解」という三大栄養素を分解する働きがあります。青パパイヤに含まれる酵素は老廃化したものだけを分解する上、非常に熱に強く、100℃でも壊れません。

更に、胃酸によって変質することがありません。胃酸は有害物質を殺すという役割があり、ほとんどの食物は胃酸によって変質します。ところがパパインはそのまま胃に届きます。

美肌効果

肌のトラブルの多くは、古い角質が肌に留まっていることから起こります。パパインの酵素は古い角質だけを取り除く作用があるため、ニキビ、シワ、シミ、くすみなどに有効だと言われています。また、紫外線によって生まれる活性酸素の進行を食い止めることも明らかになっています。

中性脂肪・肝脂肪燃焼

パパイン酵素成分のリパーゼには脂肪分解作用があるため、中性脂肪や肝脂肪を燃焼します。肥満や高脂血症、動脈硬化、糖尿病にも効果があると言われています。

パパインの効果的な摂り方

このように多くの効能・効果があるパパインですから、デザートに使うだけでなく料理にも取り入れたいものです。薄切りにして炒める方法が一般的です。一度食べれば3日間はその効果が続くと言われています。ただ、一つ問題があります。この酵素の力は採れてから3日ほどしかパパイヤに含まれていません。表皮を傷つけると出る乳白の液がパパインの酵素なのですが、数日たつとこの液がなくなってしまうのです。

非常に強い効果があるパパインですが、新鮮なパパイヤを食べられる環境にない場合は外用の美容製品を使って、美肌に貢献してもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加