お酒好き必見!二日酔いに効果抜群のクルクミン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

15_お酒_re

お酒好きは人の見方!?二日酔いに効果抜群のクルクミン

みなさんは「クルクミン」という栄養成分を知っていますか?お酒好きな人なら、一度は聞いたことがあるかもしれません。

「ウコン」に多く含まれており、肝機能を高め、コレステロールを下げる働きを持つ栄養素として、二日酔い予防に効果的であると注目を集めて言います。また、ダイエットや便秘解消にも効果的とされている優れものです。

楽しくお酒を飲む秘密兵器「クルクミン」

社会人になると何かとお酒を飲む場面が増えてきますが、そんな時に心配なのが二日酔いです。二日酔いとは、摂取したアルコールを分解仕切れずに残ってしまったアセトアルデヒドによって引き起こされます。

クルクミンは、そんなアセトアルデヒドの分解を50%も促進させてくれる働きをもっています。その為、二日酔い予防あるいは二日酔いの改善に効果的です。

女性にも嬉しい!クルクミンで便秘解消

ウコンに多く含まれる栄養成分だけに、二日酔いに対する効果ばかりが取りざたされていますが、実は便秘にも効果的な栄養成分なのです。

クルクミンには、便の水分量を増やすために大切な「胆汁酸」の分泌を促す効果があります。便を水に溶けやすくして水分を多く含ませることにより、するっと快便になります。また、食物繊維を合わせて摂取することで、より効果を発揮します。

クルクミン豊富な黄色いスパイス「ウコン」

クルクミンを多く含む食材といえば、なんといっても「ウコン」です。しかし、ウコンそのものを手に入れることは難しいですし、どんな料理に使われているのかもあまり知られていません。

しかし、ウコンはカレーのスパイスとしてカレーの黄色をつくるとても大切なスパイスなのです。カレーに多く含まれていますので、意外と摂取しやすい栄養素ともいえます。

調理は手早く30分以内に!

クルクミンは、水に溶けない栄養分ですので、加熱したり油を使う料理にしようすることで吸収率がグンとアップします。しかし、長時間火にかけ続けると栄養素が壊れてしまいますので、調理は30分以内で行うようにすると良いです。

「ウコン」と聞くと難しく聞こえますが、実は「ターメリック」が同じものです。普段の料理のアクセントにターメリックを使用してみるのもいいでしょう。

どれぐらい摂取するのが効果的?

クルクミンの効果をより発揮させたいと考えている人は、一日に約2g程度の摂取を心がけると良いとされています。レトルトカレーでは約0.6g、インドカレーでは3gと含有量には多少差がありますが、最近ではサプリメントなども充実していますので、比較的簡単に摂取することができます。

できるだけ食事から摂取したいと考えている人は、カレー料理やターメリックを使用したスパイス料理を食事に取り入れると良いでしょう。

クルクミンは体の調子を整える優秀栄養素!

二日酔いに効果的とされているクルクミンですが、二日酔いだけでなく便秘解消やダイエット効果、美肌効果なども期待できる「スーパー栄養素」なのです。カレーに多く含まれているので、普段の何気ない食事の中で摂取することもできますよね。

最近では、栄養ドリンクなどにも含まれるようになってきましたので、宴会前に摂取して二日酔いの無い楽しい宴にしたい人にはぜひ摂取してほしい栄養成分です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加