オリーブオイルで若返ろう!豊富なオレイン酸で生活習慣病予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

23_オリーブオイル_re

神奈川県で妻と二人暮らしをしています。現在40歳になったばかりですが、既に老化を感じています。恐らくその原因は不規則な生活習慣です。仕事の時間帯が不規則なため十分な食事が取れず、栄養バランスが崩れてしまっているのです。これを何とか改善しようと、妻に協力をあおいでいるところです。

40歳になり急に心身共に老化が始まった

実年齢より若く見えるという自負があったのですが、40歳になってから急に老けを指摘されるようになりました。しかも外見と行動パターン両方においてです。

まず見た目です。肌荒れが目立ち、しわが増え、時には目の下にクマができることもあります。行動パターンも、仕事以外では家にこもることが増えました。以前はアクティブだったのですが、体がだるくて気力が出ません。ストレスや慢性的な肩こりなども原因になっているのだと思います。

40代ともなると男性ホルモンは20代の頃の2/3程度になってしまい、疲れやすくなったり体脂肪が増加してしまうのだそうです。それだけでなく、男性は結婚するだけでも男性ホルモンが減るのだとか。闘争心や競争心の源となる男性ホルモンは、結婚によって精神が安定すると、減少してしまうのだそうです。

動物性脂肪は控え、オリーブオイルをよく使うように

揚げ物が大好きで、以前はよく食べていました。しかし動物性脂肪の取りすぎは肥満や老化現象を招き、さらには健康にも害を及ぼすことを知り、控えるようにしました。

最近よく使っているのがオリーブオイルです。オリーブという元々日本にはない果実から摂れるものなので、あまり和食には合わない気がします。独特な香りは油を使用した料理の風味を変えてしまうので、少し抵抗を感じることもあります。しかし健康のほうが大切なので、オリーブオイルの使用を続けています。

中性脂肪やコレステロール値を下げるオリーブオイル

オリーブオイルは生活習慣病予防に効果があるとされています。特に中性脂肪やコレステロールなどの値を下げるオレイン酸が豊富で、血行をよくし血圧を下げる効果があるために動脈硬化や心筋梗塞、そして脳卒中などの予防に役立つといわれています。

また血行がよくなることで栄養が全身に回りやすくなるので、美肌効果や疲労回復効果があります。アメリカではコレステロールを減らすために、1日スプーン2杯摂取するよう勧めているそうです。

少々高いですが、サプリよりお得で効果もある

家庭で一般的に使用されている油に比べるとオリーブオイルはかなり値段が高めです。しかし1日の使用量とその効果を考えたら、サプリメントに比べてずっと安価です。食事の内容をあまり変えず、不規則な食事時間でも健康をキープし、老化を防ぐにはオリーブオイルの力が必要だと考えています。

オリーブオイルを使用するようになって、だるさが多少改善されたようです。血行が良くなったせいか肩こりも軽くなったので、これからも使うつもりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加