高血圧の遺伝子に勝つ!?タマネギの血液サラサラ効果がすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

47_オニオンスープ_re

関西在住の40代独身女性です。現在、仕事を辞めて高齢の両親の介護に専念しています。自宅ですべての家事と介護をしているので自分の時間はほとんどありません。自由になるお金もないので遊びに行くこともなく、当然食事もすべて自炊です。

遺伝?一族のきなみ高血圧で私も徐々に上昇

私側の家族親族は高血圧の人が非常に多く、脳出血や脳梗塞で倒れる人が何人もいます。祖父母はそろって脳梗塞でしたし、現在は父が脳梗塞、母は脳出血を発症し、介護の必要な体になっています。

そういった家系のため、自分も脳疾患を起こす可能性が高いのではないかととても心配です。若い頃は低血圧で悩むくらいだったので大丈夫かと思っていたのですが、30代に入ってからは遺伝が顕著化してきたのか、だんだん血圧が上がってきました。母も若い頃は問題なかったのに、更年期を迎えてから急に高血圧になり60代半ばで倒れました。

母の年代の食事は和食中心でしたから、塩分が多かったと思います。さらに更年期に女性ホルモンが減少すると、高血圧になりやすいそうです。女性ホルモンのエストロゲンには血管を広げる作用があるので、そのホルモンが減ると血管が柔軟に拡張しなくなるため、高血圧になりやすいのです。

また、高血圧には一次性と二次性があり、一次性のほうを本態性高血圧といい、普段の食生活や老化などによって引き起こされるものです。一次性の場合遺伝が関係しているとされ、両親とも高血圧だと1/2の確率、片親が高血圧の場合でも1/3の確率で高血圧の遺伝子を受け継いでしまうそうです。私もそうかもしれない、という不安はぬぐえません。

看護師さんから教わったタマネギスープを飲むように

血圧を下げるのに良い、と看護師さんに教えてもらったのが「タマネギスープ」です。タマネギを丸ごとコトコトと煮込むだけで、少し時間はかかりますがタマネギの旨みが引き出され、柔らかい甘みが出ます。洋風、中華、味噌と色々味付けを変えて、必ず毎朝飲むようにしています。冬場は、血行をよくする生姜を加えています。

控えるようにしたのが天ぷらなどの揚げ物です。両親は昔から油っこい料理が大好きでした。今思えば、このような食生活が生活習慣病を引き起こしたのでしょう。特に人間は牛や豚肉より体温が低いため、これらの脂が体内に入ると血管内で固まってしまい、血流が悪くなるために血圧が上がるのだそうです。

タマネギの成分、硫化アリルに血液サラサラ効果が

タマネギを切ると出るツンとしたニオイは「硫化アリル」です。独特の香りや辛み成分の元ですが、血栓を溶かす効果があるといわれています。すると血液がサラサラになり血圧が下がるので動脈硬化を防ぎ、更には脳梗塞や高血圧、糖尿病の予防にもなるのです。タマネギは生活習慣病の予防に最適な食材なのです。

ただ、硫化アリルは水溶性なので、水にさらすと効果が減ってしまいます。ですのでスープなどにして摂れば流れ出た分まで摂れ、効果を無駄にすることがありません。もっと効果を高めたい場合は、スライスしたあと15分ほど放置してから加熱すると良いそうです。

タマネギはいつでもどこでも手に入り、効果もテキメン

タマネギは一年中必ず売られている安価な野菜です。大なべで一気にスープを作っておき、他の旬の野菜を加えたり、時にはミキサーにかけてから冷凍し、だしの素代わりにしています。

これを2年間続けて、血圧は本当に下がりました。上の血圧が130を超えていたのに、現在は110前後です。ほかには食生活で気を配ったことはないので、タマネギスープの効果に違いないと信じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加