ココナッツオイル効果の秘密はここにあり!?母乳にも含まれている『オクタン酸』とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

127_ココナッツオイル_re

空前の人気のダイエットアイテム”ココナッツオイル“。さらにダイエットばかりでなく、健康や美容への効果も高い、と評判ですよね。これらの健康効果に大きく影響しているのが、中に含まれている成分『オクタン酸』。実は、赤ちゃんの命と健康を守る母乳にも含まれているほど、重要な成分なのです。

ほんの少量で体力を維持できる!?

ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が豊富に含まれていますが、その中の1種が“オクタン酸”です。別名カプリ?酸とも呼ばれています。そもそも中鎖脂肪酸とは、水に溶けやすく、一般的な油の5倍の速さでエネルギーへと変化する成分。少量の摂取でもエネルギーになりやすいので、体力のないお年寄りの食事や医療現場でも、エネルギー源として重宝されている安全性の高い脂質なのです。

オクタン酸の高い抗菌作用効果は医薬品レベル!?

非常に強い抗菌作用を持つのがオクタン酸の特徴です。その効果は、カンジダ症やバクテリア感染症の治療薬にも用いられているほど。特に高齢者や食の細い人などは、体内の免疫力も衰えがちですよね。怖い病原菌から身を守るためにも、オクタン酸の力を借りて体力と免疫力回復をめざしましょう。

オクタン酸で肌のターンオーバーを促進し、美肌を目指す!

ダイエット効果ばかりに目が行きがちなココナッツオイルですが、ここに含まれているオクタン酸には、ちょっとしたピーリング効果も期待できます。ごく少量を手に取り、洗顔のあとに顔にクルクルなじませるだけで、肌の古い角質を排除し、ターンオーバーを促進。ただし、毎日ケアするのは、肌を痛めることになり逆効果です。多くても、1週間に2,3回程度のケアに抑えましょう。

バターの中にもオクタン酸が

私達の身近な食材“バター”にも、オクタン酸は含まれています。トーストはもちろん、パンづくりやお菓子づくりなど、バターの用途は様々ですよね。さらに炒めものなどの料理に使えば、コクとうま味もアップし、一石二鳥。ただ気になるのは、そのカロリー。ヘルシーなオイルと組み合わせることによって、バターの風味を残したままカロリー軽減も期待できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

オクタン酸摂取の王道!ココナッツオイル

オクタン酸を含むココナッツオイルの利用方法はさまざま。例えば、バターの代わりに炒め物やトーストに使用したり、さらにコーヒーに溶かして飲んだり…。香りも良く、甘味もあるので、どんな食事でもワンランク上の仕上がりが期待できます。ぜひ家庭に1つ用意して、気軽にオクタン酸を摂取しましょう。

わずかスプーン一杯で24時間持続する抗菌効果

わずかな量で、長時間の抗菌作用が持続するオクタン酸。スプーン1杯分のココナッツオイルを摂取するだけで、その効果は24時間も持続する、と言われています。食べるだけで、病原菌から体を守れる。そんな強い味方が、ようやく身近な存在になったようですね。

オクタン酸で体力と免疫力アップを目指そう!

体の中からはもちろん、体の外からも私たちを守ってくれるオクタン酸。例えばココナッツオイルで肌をマッサージすれば、肌に栄養が与えられるだけでなく、オクタン酸の抗菌効果によりピーリング効果も期待できます。また、免疫力が低下している方が摂取すれば、体内での抗菌効果が長時間持続します。さらに、少量でもすぐにエネルギー源へと変わってくれるので、食が細い方でも体力の向上が期待できるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加