乳酸菌と食物繊維を意識して!食事改善で快便と化粧のりがアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

114_美肌女性_re

フルタイム勤務の事務職で一児の母です。食べることが好きで焼肉や麺類、甘い物も大好きです。その分、家事などでこまめに動くようにしていますが、特にスポーツはしていません。子供がもう少し大きくなれば、ランニングを始めようと思っています。

運動不足による生活習慣病の心配

現在の仕事はこれまでで一番、パソコンの前に座っている時間が長いです。目の疲れや、同じ姿勢をずっと続けているので腰に負担が掛かることと、運動量が減っていることが気になっています。以前であれば、外食や飲み会などで沢山食べた日の翌日に少し調整すれば体重もある程度落とせたのですが、徐々に落ちにくくなっていると感じています。

さらに、新陳代謝が落ちているのか食事量を減らしても目立った効果は見られず、そのことにストレスを感じています。運動をするだけのまとまった時間や外出は子育て中なので難しい状況です。

1日1回のヨーグルトと特製美肌スープ

最初は、夕飯の炭水化物(ご飯、麺など)を抜き、おかずだけ食べるようにしました。しかし、自分が作っている物が食べられないことや、夕飯が家族とのコミュニケーションだったため、ストレスが増してきました。就寝までに我慢できなくなり夜食を食べたりと悪循環が続きました。そのため、これまでお弁当だったところを毎朝野菜たっぷりのスープを作り、スープジャーに入れて昼食として持参することにしました。

最初は物足りないような気持ちにもなりましたが、そもそも日中それほどカロリーを使っていないのでこれで十分であることに気付きました。その分夕食は食べたい物を作って、家族と楽しみながら食べています。また、夕食又は朝食後には小皿にヨーグルトとブルーベリージャムのデザートを食べることを習慣にしました。

乳酸菌と食物繊維を意識して快便と化粧のりがアップ

毎朝のスープには根菜である人参やだいこんやジャガイモ。鶏の胸肉や豚肉をほんの少し入れています。冷蔵庫にある時にはさつまいもやゴボウなどを入れると食物繊維も豊富で腹持ちも良いです。朝のスープも同じ内容なので、便秘も前ほどひどい状況ではなくなり、快便の朝が増えました。

豆腐のお味噌汁を入れることでイソフラボンも取れますし、温かい物を摂ることで身体の冷えにも効果があります。しょうがを入れた中華風スープやミルクスープなどのバリエーションをつけながら、日々楽しんで作っています。

野菜の摂取量が倍増!

これまでは、帰ってからの夕飯の支度で野菜の皮をむいたり刻んだり・・・という作業を面倒だと感じてしまい、敬遠してしまっていました。そのため、週末にまとめて煮物やポトフを作って野菜を摂るように注意していましたが、平日はどうしても肉炒めやどんぶり物など、簡単な料理に偏りがちでした。それが毎朝少しずつ色々な種類の野菜を使うことで冷蔵庫の食材をまんべんなく使うことが上手になったような気がします。消費量が増えると野菜をまとめ買いしても使い切れるので、お徳用を購入してその分肉や魚を減らしたので、食費もむしろ下がりました。

朝昼に野菜をたっぷり摂っているので、夕飯は少しボリュームのあるものを食べても罪悪感が薄れ、食べ盛りの子供も喜んでくれます。乳酸菌と食物繊維のダブルの効果で腸内環境が良くなり、毎朝のお化粧の時にだんだんと化粧のりが良くなってきたような気がして効果を感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加