複数の食材で多角的に便秘を攻める!私の食生活改善法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

142_便秘_re

私は大阪府内で一人暮らしをしている29歳の女性です。年齢的なものか、最近体の変化に追いつけずに困っていました。仕事は朝早く夜も遅いこともあり、食事に手をかける時間も余裕もなく、簡単に済ませがちな生活をしていました。そのせいか体形も少しぽっちゃり気味で、ダイエットしなければと思っています。

便秘がすべての嫌な症状の原因?

学生の頃は便秘とほとんど無縁だったので、社会人になって便秘気味になっても、便がなかなか出ない状態=便秘だと気づくのに時間がかかりました。お腹、特に下腹のポッコリや肌荒れ、化粧ノリの悪さ、ひどい時には痔になったりおならが異様に臭うなど、状態はどんどん悪くなりました。

これは便秘のせいではないのか、便秘を解消すればこれらも少しはマシになるんじゃないかと考えました。便秘以外の理由が考えられなかったのです。思い起こせば食事は食べたり食べなかったりで、しかも野菜をあまり食べていなかったので、便秘になるのは当然だったのです。

一つの食材に偏らず、便秘に良いものを複数毎日摂るように

これを食べればお通じが良くなるとかよく聞きます。例えばキャベツをたくさん食べるとイイとか、ヨーグルトを毎日3回食事前に食べるとか。でもそれって食事の偏りにつながるって思ったんです。何か1つのものに頼ると栄養が偏って、便秘は良くなっても他の部分に影響が出てしまうと思ったので、私は複数のものを同時進行で利用して便秘に戦いを挑みました。

まずは朝か昼に恵ヨーグルト200gにオリゴ糖10gを入れたものを食べます。においひかえめ納豆、豆腐は1パックを1日に1回は食べるように心がけ、タンパク質は植物性を心がけました。他にも朝一ぬるま湯を心がけました。

まずは基本の乳酸菌を増やそう

便秘解消に重要にかかわってくるのは乳酸菌です。乳酸菌が腸内の環境を整えてくれるので、下剤などと違い他のことでもメリットがあります。でもこれは1日でどうにかできることではなく、毎日減らないように維持し続けないといけないものなのです。

特に大事なのが、乳酸菌がたくさん入ったものを食べるだけでなく、そのエサになるオリゴ糖を一緒に取り入れる、菌が増えやすい環境を整えるために動物性タンパクは減らすということがです。そうすると乳酸菌がパワフルに働くので、便秘はそれに伴うトラブルの解決になるのです。

複数のものを利用するから続けられる

1つのものだと飽きてしまうので結局続かないし、別の作用で同じ効果を持つものを複数利用すると、色々な角度から便秘を攻めることができます。たとえば野菜やシリアルで食物繊維を、ヨーグルトやキムチで乳酸菌を、といった具合です。外出する時にはDHCなどの乳酸菌サプリを利用するのも良いと思います。

毎日続けるということを念頭に置くやりかたなので、コストもあまりかからず飽きがこないので効果、成果が出やすいです。よくても3日に1回しか出なかった便が、これで絶対に1日1回は出るというサイクルになりました。

これらの食品からカルシウムやミネラルも摂取できますし、更にヨーグルトはインフルエンザや花粉症にも効果があり、いまだにかかったことがないです。ダイエットにも効果が出てきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加