妊娠7が月で頑固な便秘に…ヨーグルトとプルーンで相乗効果を狙う!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

124_出産_re

東京都内で夫と2人暮らしの32歳女性。出版関係の仕事をしています。そして現在、妊娠7か月! 毎日幸せなはずが、日々襲い来るマイナートラブルに悩まされてばかり。職業柄、生活が不規則でストレスも多く、なかなか大変な毎日を送っております。

ああ、早く産休に入りた?いっ。そして早く産んでしまいた?い??

妊娠7か月で頑固な便秘に!そのせいか、肌荒れがひどい…

妊娠中に便秘になる…というのはよく聞く話ですが、いざ自分がなるとびっくり!普通の便秘とは頑固さが違います。便秘に効くハーブティーを飲んでも、豆乳(妊娠前は、これが便秘によく効いたんです!)を飲んでも効果なし。気がつくと1週間はお通じがなく、そのせいか肌荒れはひどくなるし、お腹が張ってだるくなるし、もう散々!

その上、貧血にはなるし、何だか急にしみが増えて顔色が悪くなるし、妙?に目がかすむし、肩こりはひどいし(これは元々ですが)妊娠するって大変なんだなぁと実感する毎日です。

ブルガリアヨーグルト+プルーンで、しつこい便秘と戦っています!

仕事柄、昼食は(ひどい時は夕食も)外食になってしまうので、勝負は朝食!私はここのとこ毎日、低脂肪タイプのブルガリアヨーグルトに、

プルーンを一晩漬けたものを食べています。作り方は簡単。ガラスの器(ガラスでなくてもよいのですが)にブルガリアヨーグルトを大さじ2.3杯入れ、ここにプルーンを1.2粒、しっかり沈ませます。後は冷蔵庫に入れて一晩!翌朝には食べごろです。

プルーンがヨーグルトの水分を吸って、ふっくらジューシーに。外側の皮も柔らかくなって、驚きの美味しさです。プルーンの銘柄にこだわりはありませんが、多少高くても肉厚でツヤツヤしたものを選ぶと吉!

ヨーグルトの乳酸菌とプルーンの食物繊維の相乗効果??

ヨーグルトの乳酸菌が便秘に効くと、産婦人科でオススメされました。若干太めの妊婦の私は低脂肪タイプを選んでいます。また食物繊維の豊富なプルーンは、実家の母が便秘対策に食べていたのを思い出して取り入れました。プルーンは鉄分、ミネラルも豊富なので、貧血や目の疲れにも効果があるはず!

そして何より、とても美味しいので、甘いものを制限している現状ではストレス解消にもなっています。

薬のようには効かない、でも確かに効果がある!

妊娠中の便秘というのは本当に厄介で、一朝一夕には治らないようです。けれどプルーンのヨーグルト漬けを毎日食べることで、少しずつお通じがあるようになりました。また、悩みの種だった肌荒れにも多少の効果があるようです。急に増え始めたしみの抑止にも…きっとなっているはず!ヨーグルトとプルーンのみなのでコストパフォーマンスもよいし、自然のものなのでお腹の子にも安心です。

とはいえ、これだけで満足していてはいけない…。今後はさらに食物繊維豊富なおからや、頭がよくなる青魚など、健康的な食材をどんどん取り入れたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加