どこからが不妊なの?日本の妊活や不妊の定義と治療法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

e765a0b371d9fea36c86b20cce693ea5_l

こんにちは。妊活一年目のakariです。

今回は日本における不妊の定義や治療法について一緒に考えてみたいと思います!

日本における不妊の定義って?

日本の「公益社団法人、日本産科婦人科学会」は平成27年にこのような定義を打ち出しました。

不妊(症) infertility, (sterility) とは、
生殖年齢の男女が妊娠を希望し,ある一定期間,避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合を不妊という.その一定期間については1年というのが一般的である.なお,妊娠のために医学的介入が必要な場合は期間を問わない.

WHO(世界保健機構)も同様の見解を示しているので「1年で子供が出来なければ不妊治療をした方が良い」というのは世界基準のようです。

一般的には、通常の性交を継続的にしていれば80%の方が1年以内に妊娠するといわれています。性交の頻度が少ない場合もあると思いますが、2年以内ならば90%以上の方が妊娠するそうです。性交で妊娠する、というのが生物として自然な状態なのですね。

日本での不妊治療の方法はどんなものがあるの?

不妊の原因は大きく分けると4つに分類できます。

A,精子に原因があるもの…無精子症など、精液に精子が含まれていなかったり、運動が少なかったりする場合があります。あまり一般的ではありませんが、最近では男性用妊活サプリメントもでています。

B,卵子に原因があるもの…卵巣腫瘍、卵管水腫など、卵巣や卵管に異常があり、卵子が排卵されない場合や、加齢などの要因により、卵子の質が妊娠しづらい状態になっている場合があります。

C,子宮に原因があるもの…子宮筋腫、子宮内膜症、栄養の欠乏など、子宮に疾患がある場合があります。

D,妊娠の保持に原因があるもの…精神的なストレスや、生活習慣病、乳がん、感染症、喫煙、栄養不足など、妊娠しても保持しにくい身体になっている場合があります。

前回の記事で取り上げた、加藤レディースクリニックでは、「安心して妊娠・出産を迎えるために-不妊治療をはじめる前に-」という、人工授精や体外受精を行う前段階でチェックすべき病気などを紹介しています。

一般的な30歳以上の女性の20〜30%に子宮筋腫があり、不妊症の女性の50%が子宮内膜症を併発しているというデータがあります。また、乳がんは女性の30人に1人がかかる病気で、30歳以降の女性の死因の第一位となっており、いつ罹患してもおかしくない病気なのです。

不妊の治療として、医療の介入によって排卵時期に合わせて性交を行ったり、薬剤を投与してホルモンバランスを調整したり、精子や卵子の質を上げ、人工授精や体外受精、卵子提供などを行う方法がありますが、それ以前に身体が健康であることが妊娠、出産でとても大切です。

仕事を減らして休養をとったり、運動をしたり、生活習慣の改善をしたり、妊活サプリを摂取したりして、妊娠しやすい身体作りを行うことが、実は妊娠への一番の近道なのです。

結局、日本の不妊治療ってどうなの?

私はアメリカに数年住んでいたのですが、アメリカは皆保険制度でなく、任意保険制度なので、治療に保険がきくかどうかは、その治療を保険会社がカバーしているかどうかによって費用が大きく異なります。アメリカに住んでいる、現在不妊治療中の友人は、いつも費用が気になるし、日本のように病院の情報もあまり得られず、うまくいくかどうか分からない治療を受けるのがストレスだと言っていました。

日本の場合、クリニックの情報や、名医の情報などが得やすく、医療費も助成金がカバーしてくれる場合が多いので、安心して治療が出来ますよね。また、欲しいと思ったものがamazonで翌日届いたり、妊活サプリがメルカリなどで安く買えたりするのも、日本の良いところだと思います。

あきらめないで、一緒に妊活を頑張りましょうね♪

今日も良い一日を祈っています!

akari

  • このエントリーをはてなブックマークに追加