簡単なにんにくチップの作り方2つと合わせたい料理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

収穫にんにく_re

料理の幅が広がるにんにくチップ

にんにくは、食べれば美味しいと思うけれど、家で使うほど好きという訳じゃない…そんな方が多いのではないでしょうか。しかし、にんにくチップを手作りすればにんにくがもっと身近になって、色々な料理に使いたくなりますよ。そんなにんにくチップの作り方や、にんにくチップを使った料理について、以下でご紹介します。

にんにくチップは簡単に作れる ①揚げる

色々な作り方がありますが、おつまみにもなるパリッとした作り方を紹介しましょう。

<材料>にんにく 大2~3個  オリーブオイル(又はサラダ油)にんにくが浸る程度

<作り方>

  • にんにくを薄くスライスする
  • スライスしたにんにくを30分から1時間水にさらす
  • にんにくの水気を丁寧にふき取る
  • フライパンにオイルを入れ、にんにくを入れたら弱火でじっくり揚げる
  • 茶色く色づいたらキッチンペーパーに上げる

水にさらさないとしっとりしたチップスになります。お好みでどうぞ。

出来上がったら保存容器に入れて保存して下さい。オイルはにんにくの香りが移っているので、そのままガーリックオイルとして使えます。ただ、食用のオリーブオイルは酸化に強いと言われるオレイン酸が75%程度含まれているので酸化しづらいのですが、それでも少しずつ傷んで来ますから、冷蔵庫に保管するなどして出来るだけ早く使い切って下さい。

にんにくチップは簡単に作れる ②電子レンジで作る

油を使いたくない方はこちら。

<材料>にんにく 大2~3個

<作り方>

  • にんにくを薄くスライスする
  • 中の芯を竹串などでくり抜く
  • 耐熱皿にキッチンペーパーを引き、にんにくを重ならないように並べる
  • 3分から4分チンする
  • カリカリになったら完成

加熱時間は少なめにして何度か繰り返したほうが焦げずにできます。完全にさましてから保存容器に入れて下さい。とても簡単な方法ですが、ちょっと部屋にニオイが充満しますので、換気扇は必ず回して下さい。夏なら天日干しにしても同じように出来ます。

トッピングとして優秀なにんにくチップ

にんにくチップと言えば、定番はサラダのトッピングです。いつもと同じサラダも、そこににんにくチップが加わるだけで違った味わい・食感になります。またにんにくチップは、ポテトサラダのトッピングとしても相性バツグンです。

パスタとの相性ももちろんバッチリ

パスタソースにはにんにくが使われることが多いですから、もちろんパスタにもにんにくチップはバッチリ合います。パスタに合わせる時はにんにくチップを砕いてからトッピングすると、パスタに絡まりやすくなって食べやすいですね。

あまり使わない人は市販品でも 作るなら国産にんにくをお勧め

にんにくチップはスーパーなどでも購入できますから、めったに使わない方はそちらでも良いと思います。でも、たくさん使う方は断然手作りをおすすめします。できれば、国産のにんにくで作ると安心で、しかもニオイも辛味も強いので、使う時少量ですみます。生のにんにくで比べると、外国産と国産では別物というくらい味が違います。ただ、その分国産は値段も3倍近くしますので、お好みで選んで下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加