スタミナ補強には「ニンニク」が一番!料理やサプリでしっかり摂ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元気_re

ニンニクといえばどうしても「くさい」というイメージがあります。ですから、日本では料理に少量しか入れませんよね。ところが、中国や韓国ではなくてはならない食材。ニンニクを食べなければ健康になれない、と信じているフシすらあります。イタリア料理などにもふんだんに使われるニンニク、そんなに体に良いのでしょうか。

「ニンニク」とは

ニンニクはユリ科ネギ属の多年草で、紀元前3200年頃には既に栽培され、薬として使用されていました。古代エジプトでは肉体労働者に強壮剤として与えられるほど、その強壮効果は古くから知られていました。

ニンニクは、主に球根の部分を食べます。「ニンニクの芽」として売られているのはほとんどが中国産で、つぼみの部分を切り落としたものですが、球根部分を食べるニンニクとは品種が違います。世界のニンニクの8割は中国で生産されていますが、日本では青森県が主な生産地。ブランドの福地ホワイト六片などは中国でも人気のある品種です。

ニンニクの臭いの元は「アリイン」という薬効成分。これは無臭ですが、刺激を与えると酵素と結合し、「アリシン」に変化します。殺菌・抗菌作用が非常に強い成分です。

ニンニクの効能・効果

免疫力の強化

元々私たちに備わっている免疫機能は、加齢、ストレス、生活習慣の乱れなどで低下して行きます。そんな時にウイルスや細菌が入り込むと、病気に罹りやすくなってしまいます。アリシンには強力な殺菌作用があり、ウイルスや雑菌を殺してくれます。そのため風邪やインフルエンザの予防に効果が期待できます。

疲労回復効果

ニンニクに含まれているアリシンとビタミンB1は、その相乗効果によって大変疲労回復に有効だと言われています。アリシン自体に疲労回復効果がある上、ビタミンB1のエネルギー生成作用も疲労回復を促進します。またアリシンはビタミンB1の効果を長時間保つ作用もあるため、疲労が溜まりにくくなります。

動脈硬化予防

アリシンは血流改善効果があり、さらに善玉コレステロールを増やす働きがあることもわかっています。そのため動脈硬化や高血圧症に効果が期待できます。

冷え性の改善

アリシンに熱を加えるとスコルジニンという成分に変化します。この成分には血行を良くする働きがあり、末端にまで血液を届けてくれます。そのため手足の冷えを始め腰痛、肩こり、神経痛などに効果があると言われています。

ニンニクを効果的に摂る方法

ニンニクが好きな人はさておいて、毎日摂るためにはサプリメントのほうが臭いが少ないのでおすすめです。各メーカーで臭いを抑える努力をしているので、サプリメントをそのまま飲み込んでしまえば口臭も体臭もほとんどありません。

料理で摂る時には、電子レンジで加熱するだけでも臭いが和らぎます。ラップに包まないと、庫内がニンニク臭ですごいことになるので気をつけて。また、茹でても臭いがおさまります。炒める時は、熱する前の油に入れ、時間をかけて素上げすると良いでしょう。

また、ニンニクを食べながら牛乳や緑茶を飲むと、臭いがあまりしなくなります。緑茶のカテキンや牛乳の水分が臭い消しの役割を果たすのです。メントール系のガムやキャンディも一時しのぎではありますが、おすすめです。

なお、同じものを食べても翌日ニンニク臭が強い人とそうでない人がいますね。ニンニクは一旦摂ると、すべて体外に出るまで臭いを出し続けます。つまり新陳代謝が良い人のほうが臭いは早くなくなるのです。ニンニクを食べると何日も臭いが残る人は、健康に気をつけたほうが良いかもしれませんよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加