にんにく醤油を手作りして、どんどん料理に使おう!簡単レシピもご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

53_野菜_re

にんにくが入った料理は食欲をそそる

にんにくは和洋中、世界中の料理に使われている食材ですから、少し入れるだけでたちまち本格派っぽくなりますね。風味もコクもアップして、にんにくの香りが漂ってくると食欲が湧いてくるという方は多いでしょう。にんにくはすりおろして薬味にしたり、刻んで炒めたり、丸焼きにしたりと色々なアレンジができますが、にんにく醤油も大変人気があります。にんにく醤油の作り方や、にんにく醤油を使ったレシピをご紹介しましょう。

簡単!にんにく醤油を手作りしてみよう

にんにく醤油の作り方はとても簡単。薄皮を剥いて半分に切り、醤油に漬け込むだけです。分量は、にんにく1個に対して醤油200ccが目安ですが、お好みでにんにくの分量を変えることもできます。最初は少なめにして作ると安心ですね。3日ほどでにんにくの成分が醤油に浸み込み、香り高いにんにく醤油の出来上がりです。

もちろん市販のものでもかまいませんが、ちょっとお値段が張ります。でも、それほど頻繁に使わないとか、今使いたい!なんて時には市販品も便利です。また、無印良品ではにんにく醤油キットが売られていて、醤油を足すだけでOK。にんにくのほかにもかつおぶし、昆布などがセットされていて、一度使った人はハマってしまうようですよ。

にんにく醤油がよく合うレシピその1

にんにく醤油と良く合う食材のひとつがお肉です。牛・豚・鶏肉100g程度に対しにんにく醤油大さじ2を密封袋などに入れ、揉み込みます。甘めが好きな方は砂糖もプラスして下さい。30分以上つけてから焼くと香ばしい香りが漂い、食欲が湧いてきます。また焼いた肉ににんにく醤油を漬けて頂くのも美味ですよ。

にんにく醤油がよく合うレシピその2

時間がないとき、ササッと作れるレシピとしてオススメなのが、にんにく醤油を使ったチャーハンです。ご飯、卵、ネギ、そしてにんにく醤油があれば、簡単に美味しいガーリックチャーハンが完成します。漬け込んでおいたにんにくをみじん切りにして入れると、もっとにんにく感が楽しめます。ただし翌日までニオイが残ってしまうかも。

にんにく醤油がよく合うレシピその3

にんにく醤油は野菜との組み合わせにもオススメです。もやし炒め、ホウレンソウ炒めなどににんにく醤油を使うと、いつもとは違った野菜炒めが完成します。サラダのドレッシング代わりにしても美味しいですよ。

にんにく醤油がよく合うレシピその4

味付け卵のにんにく醤油バージョンです。ゆで卵をにんにく醤油に一晩浸けておくだけで、美味しい味付け卵の出来上がりです。卵は完全栄養食品ですし、それに滋養強壮のにんにくがプラスされれば、一日を元気に過ごせそうですね。

にんにく醤油は漬け込むほどに味が深くなる

にんにく醤油は保存がききますし、漬けこむ時間が長いほど美味しい醤油になります。1か月以上寝かせるとより一層味わいが深くなりますよ。保存容器をきちんと消毒しておけば、一年程度はもちますので、一度のたくさんの量を作っておくといつでも使いたいときに使えて便利ですね。

にんにくは疲労回復効果や生活習慣病予防、免疫力強化、アンチエイジングなどさまざまな効能があります。しかも高麗人参のように高価ではなく、スーパーなどで簡単に手に入れることができます。にんにく醤油を使って、もっと気軽ににんにく料理を楽しんで下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加