にんにくのニオイを出来るだけカットする調理法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

badbreath_re

にんにくのニオイは調理法でカットできる?

スタミナが欲しい時に食べたくなるにんにく料理。でも、あのニオイが何ともしがたい…とあきらめている人も多いのではないでしょうか。食べている時は香しく感じるけれど、口臭や体臭で出て来るのはちょっと恥ずかしいですよね。調理法でニオイを少なくできるものなのでしょうか。

にんにくのニオイをできるだけ消す方法①

にんにくの香りは欲しいけれど、ほのかでいい、という時に試していただきたいのが、電子レンジで加熱する方法です。色々な方法がありますが、辻クッキングスクールの方法は

  • 薄皮をつけたまま、1片をラップに包みレンジ庫内中央に置く
  • 約20秒チンする

たったこれだけで、ほぼニオイの消えたにんにくに変わるそうです。ぜひお試し下さい。

にんにくのニオイをできるだけ消す方法②

にんにくを刻む際には、繊維の方向に沿うようにしながらカットしていくのがおすすめです。それによってニオイの広がりを抑えることができます。

にんにくのニオイをできるだけ消す方法③

にんにくを茹でてしまうのもおすすめ。お湯でも良いですが、牛乳で煮るとかなりニオイが飛びます。そのまま牛乳にスープストックとたっぷりの野菜を入れてスープにしてもいいですね。

にんにくのニオイをできるだけ消す方法④

にんにくのニオイの元「アリシン」は、空気に触れれば触れるほど活性化します。ですからなるべく空気に触れる時間を短くすることが大切です。にんにくをスライスする時にボウルに張った水の中でスライスすると、空気に触れる時間を短縮できます。

外食での臭い対策はこれ!

外食してにんにく料理を食べた時は、緑茶や牛乳、リンゴを摂取するのがおすすめ。ただし、時間が経ってしまってからでは効果はあまり望めません。緑茶や牛乳の場合は本当は食べながら飲むのが一番良いのですが、それが無理でもお店を出たらすぐ飲めるよう、バッグに忍ばせておくと良いですね。リンゴも同様。食べてから30分以内に皮付きのリンゴを1/4食べるだけで6時間ほどニオイを消すと言われています。

よくあるのはミントガムやタブレット、口臭対策用のキャンディなど。コンビニに色々売っていますから、前もって購入しておけばニオイが気になる料理を出されても慌てることがありません。ガムは、粘着性があるため口腔内のにんにくのカケラなどを取り去ることもできます。ちょっとでも気になったときにガムやタブレットを食べる習慣をつけておけば、自分自身もいつも爽やかな気持ちでいられます。

にんにくのニオイをカットする方法はいろいろ紹介されていますが、人によって、あるいはその時の体調などによって大きく違うようです。ある時はすごく効果があったのに、ほかの時にはニオイが消えなかった、などといったことはよくありますから、対策は複数持っていたほうが良いでしょう。また、夏など汗をかきやすい時期はかなりにんにく臭が出やすいので、人に会う前はにんにく料理は避けるなどのマナーも必要ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加