にんにくのニオイを消すにはこれ!ケア方法5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

収穫にんにく_re

明日にニオイは残せない!そんな時は

にんにくやそのニオイが大好きな方でも、人に会う時までニオイが残っているのは困りますよね。特に日本人はニオイに対して非常に敏感です。仏教ではネギ科のにんにく、ネギ、玉ねぎ、ニラなどニオイの強い野菜の摂取を禁じていましたから、その影響もあるのかもしれません。マナーとしてニオイ対策はしておくべきですね。ここでは、そんなニオイ対策として役立つ方法を紹介します。

ニオイのケア方法その1

にんにく料理を食べる時に一緒に飲むと良いと言われているのが牛乳や緑茶です。牛乳はタンパク質がニオイを包み込んでくれますし、緑茶のフラボノイドとカテキンは、アリシンをニオイのしない成分にしてくれるそうです。特に玉露が効果が高いと言われています。牛乳とにんにく料理はあまり合いそうになさそうですが、牛乳をスープにしてしまえば大丈夫かもしれません。味噌汁に入れても案外合います。

ニオイのケア方法その2

飲み会などでにんにく料理が出ると、つい帰りのことが気になってしまいますね。そんな時に使えるのがミント系ガムやタブレットです。口臭対策のアイテムとして定番なので、持ち歩いている方も多いのではないでしょうか。そのほかにも口臭ケア用の商品がたくさん出ていますから、飲む機会の多い方は事前に購入しておくと良いのでは。

ニオイのケア方法その3

にんにく料理を食べた後に一番おすすめなのが皮付きのリンゴです。皮の部分ににんにくのニオイを消す作用のある成分が含まれているので、ご自宅でにんにく料理を食べた時はリンゴジュースや皮むきのリンゴではなく、皮付きのリンゴを食べて下さい。食後30分以内に食べること。1/4個で6時間消臭効果があると言われているので、1/4づつ食べれば1日ケアできます。食べ終わる頃にはにんにくのニオイは体内からすべて排出されているはずです。

ニオイのケア方法その4

にんにくのニオイは血液に乗って全身に回り、汗や尿となって出ます。ですから、汗をかいてそのニオイを出し切るというテクニックもあります。運動や入浴をして発汗を促すようにするだけでなく、水分を多めに摂って排出させるようにすることも重要です。この方法は、自宅で集中的にニオイ対策をするときに良いですね。

ニオイのケア方法その5

にんにくのニオイ対策に効果的なのは、牛乳や緑茶だけではありません。味噌汁や紅茶、ハーブティーなども効果的ですから、にんにく料理に合わせて色々選択すれば良いですね。にんにく料理を食べればニオイは仕方のないことと言って開き直る方もいますが、それが通用するのは学生時代まででしょう。

開き直れない場面もあるし、特に女性はニオイに敏感ですから、相手にされなくなってしまうかもしれませんよ。こうしたニオイケアについては知っておくに越したことはありません。

にんにく料理が大好きな方は、食べる機会も多いと思います。中国や韓国ならにんにくのニオイがすることに何の違和感もありませんが、日本はニオイのない国です。ニオイケアが出来るアイテムを常に持ち歩き、周りから白い眼で見られないよう、すぐに対処できるようにしておくと良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加