アンチエイジングやコレステロール低下に役立つビタミン「ナイアシン」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

64_老化_re

ナイアシンはビタミンB群のひとつで、以前はビタミンB3と呼ばれていた成分です。

最も多く体内に存在するビタミンとして知られています。

ナイアシンとは

ナイアシンは肉・魚・野菜などに含まれている水溶性の成分で、たんぱく質の代謝に欠かすことのできない栄養素です。ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称ですが、タバコのニコチンとは全く関係ありません。食材からも摂れますが、体内のトリプトファンという必須アミノ酸からも作られており、通常不足することはありません。

ナイアシンは多くの食材に含まれていて、特に多いのはレバー、魚、肉です。熱に強いため、加熱しても栄養素が失われません。他ビタミンB群の作用と合わせ、循環器、消化器、神経などの働きをサポートしています。例えば糖質や脂質をエネルギーに変えたり、分解の補酵素として働いたり、皮膚や粘膜を健康に保ちます。脳神経にも良いと言われています。

ナイアシンが不足すると起こる症状

ナイアシンが不足すると起こる最も有名な症状はペラグラです。うろこ状に皮膚が荒れたり下痢、認知症などの症状が出ます。この下痢は激しく、しかも通常の下痢止め薬では効果がありません。また、不安、抑うつ症状、幻覚、末梢神経障害などが発症することもわかっています。以前は中南米でトリプトファンの少ないトウモロコシを主食にしていたためよく見られた症状です。

また、ナイアシンはアルコールの分解にも関わっています。有毒なアセトアルデヒドを分解する酵素をサポートすると言われています。そのため、ナイアシンが不足していると二日酔いの原因になりますし、実験によりヒトに対する発がん性もあるとされています。現在のところ、非メラノーマ性皮膚がんを発症する可能性について、臨床試験がおこなわれています。

ナイアシンが過剰になると起こる症状

ナイアシンは水溶性で、余剰分は尿として排泄されるので安全性が高いと言われています。しかし血管を広げる作用があるため、過剰摂取により顔面紅潮、ほてり、かゆみなどのホットフラッシュ症状が出る場合があります。その他、過剰摂取は血糖値や尿酸値を上げる危険性があり、糖尿病や痛風を患っている人は注意しなくてはいけません。

ナイアシンの効能・効果

細胞の生まれ変わりをサポートする

体内で他の細胞と結合することで、DNAやホルモン生成時の必要物質に変化し、細胞の生まれ変わりをサポートしています。するとターンオーバーが正常になりますから、肌の生成能力が高まり、シミ、シワなどのアンチエイジングに効果があると言われています。

血行促進

過剰に摂取した場合はホットフラッシュ症状が現われてしまいますが、適量であれば冷え、肩こり、頭痛に効き、脳神経の働きが良くなることがわかっています。

コレステロール値低下

血中コレステロールや中性脂肪を減らす作用もあり、動脈硬化など脂質異常症に効果があり、医療現場でも既に使われています。

アレルギー症状の緩和

ヒスタミンを分解する作用があり、アレルギー症状を緩和します。

不眠解消

「快眠のビタミン」と呼ばれるほどで、自律神経のバランスを良くし、覚醒と弛緩のリズムを整えます。

ダイエット効果

資質・糖質・たんぱく質を分解する酵素をサポートしています。エネルギーのうち約7割がナイアシンの作用で生成されているため、ナイアシンを摂取することがダイエットにつながります。

必要摂取量と摂り方

ナイアシンの1日摂取目安は成人男性が17mg、女性で13mgとされていて、通常の食事で不足することはまずありません。また、牛乳や卵に含まれるトリプトファンもナイアシンに変わることができます。ただし、ナイアシンの生成には他のビタミンB群、特にB1、B2、B6が必要なので、それらも合わせて摂るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加