血の巡りをよくする「ネトル」はビタミンや鉄分が豊富!花粉症にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハーブティー_re

「ネトル(nettle)」はヨーロッパで古くから愛されているハーブの一種です。葉だけでなく根・茎にも良い成分が含まれていると言われています。日本でも簡単に手に入るネトルで、健康を維持しませんか?

「ネトル」とは

ネトルはイラクサ科の多年性植物で、日本に生えているイラクサ(蕁麻)のことです。原産地はヨーロッパからアジアとされ、ヨーロッパでは2000年以上前からアレルギーの緩和や利尿、排便効果があるところから民間薬として使用されて来ました。また、戦時中には止血用にも使われたと言います。日本では関東以西の森林に自生しているほか、栽培もされています。緑茶に近い味がするので飲みやすく、ハーブティーとして販売されています。

ネトルにはβ-カロチンやビタミンC、鉄分、カルシウムが含まれており、特に鉄分が豊富です。アセチルコリン、ヒスタミン、セロトニン、クロロフィル、ルチンなど、ファイトケミカルが多く含まれていることもわかっています。

ネトルの効能・効果

血液の状態を良くする作用

ネトルには鉄分のほか鉄分の吸収を助けるビタミンCや、鉄と同様の働きを持つクロロフィルによって造血作用があります。さらに骨髄を刺激して赤血球や白血球の状態が良い血液を生成する作用により、貧血に効果があります。また、ネトルの葉や茎には血行促進成分が含まれています。更に内出血や鼻血、血尿を止めるという作用もあり、循環器系に広く働きかけることがわかっています。生殖器系にも作用し、月経過多や更年期障害の緩和にも使用されています。

アレルギー症の緩和

ネトルの葉にはフラボノイドの一種ケルセチンが含まれていて、ヒスタミンの分泌を抑制します。アレルギー症状、特にアレルギー性鼻炎に効果があり、花粉症に良いと言われています。

利尿・デトックス効果

ネトルはマグネシウムやカリウムなどのミネラルが豊富に含まれているため、体内に溜まりがちな毒素や老廃物を排出する作用もあります。

前立腺肥大予防

また、前立腺肥大にも効果があります。ホルモンバランスが崩れることによって前立腺が肥大すると頻尿や残尿感などの症状が出ますが、ネトルの根には植物ステロールという成分があり、前立腺の肥大を予防する効果があると言われています。

ネトルを効果的に摂る方法

ネトルは海外では一般的にハーブティーとして愛されています。緑茶のような味わいでクセもないためシングルで飲まれることが多いのですが、ミントとブレンドするとさわやかな味わいになり、鼻や喉がすっきりとします。

ティースプーン1杯ほどに熱湯を注いで、3分ほど蒸らすだけと簡単に飲むことができます。購入する時は、葉だけのものより根や茎も一緒になっているものをおすすめします。婦人病、痛風、関節炎、湿疹、血糖値を下げるといった効果は葉より根や茎に多く含まれているのです。

緑茶に似た味なので、和風に味付けすれば料理にも使えます。例えば醤油ベースの和風ハンバーグなどにみじん切りにして入れると、すっきりした味わいで脂っこさが緩和されますよ。これはハーブティーの出がらしでも利用できますね。

摂取量は特に上限はありません。ただ、妊娠中、授乳中の女性や心臓や腎臓にトラブルを抱えている人は、葉や茎の摂取や過剰摂取は避ける方がよいと言われています。まれに胃部不快感や多汗が起こることがあるようなので注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加