「ネロリ」は美肌・精神安定の特効薬!睡眠障害にも効果あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リラックス_re

アロマセラピーに興味のある人なら誰でも知っているネロリ。大変高価な精油で、3mlで10,000円以上する、希少価値の高いものです。この価格ではなかなか手が出ませんが、ネロリウォーターなら手軽ですし、女性に嬉しい効能がたくさんあります。今回はアロマセラピーに興味がない人でもほしくなってしまう、ネロリの力について色々まとめました。

「ネロリ」とは

ネロリは、白く可憐なビターオレンジの花から抽出されるオイルです。大変爽やかで上品な香りがすることが特徴。古くから「純潔」の象徴として親しまれて来ました。オレンジフラワーというのが元々の名前ですが、その昔イタリアの侯爵夫人アンネ・マリー・ネロリが愛用していたことで、ネロリという名前で広く知られるようになりました。

ビターオレンジはヒマラヤ、インドが原産で、日本ではダイダイと呼ばれています。生産量は少ないものの伊豆半島や和歌山県田辺市などで栽培されていますが、酸味と苦みがあるためあまり一般には出回りません。でも中国では果実の皮を橙皮(とうひ)、果実を乾燥させたものを枳実(きじつ)と呼び、漢方薬に使われています。

ネロリの効能・効果

精神的な効果 

ネロリにはピネンという成分が含まれています。ピネンはヒノキなどにも含まれる成分で、精神的なリラックス効果をもたらし、幸福感を感じさせる効果を持っています。また、リナロールやネリルアセテートという精神鎮静作用のある成分も含まれています。このことから、不安、ストレス、緊張、ヒステリー、うつなど精神状態が不安定な時に香りを嗅ぐことで、精神的負担を和らげることができます。「天然の精神安定剤」と呼ばれているのはこの効果がそれほど強力だからです。

肉体的な効果

ネロリに含まれる酢酸リナリルは、人間の交感神経を鎮静させる効果があります。そのため睡眠障害に効果があります。また、腸の調子を整えるのでストレス性の腸疾患や下痢などにも有効です。更年期障害にも作用すると言われています。

美容効果

ネロリにはネロールやゲラニルアセテートといった、最も高価な精油バラと同じ成分が含まれていて、皮膚の弾力を回復したり炎症を抑えるという効果があります。また2-エチルフランという成分はビタミンCの一種で、強い抗酸化作用があります。殺菌作用のあるリナロール、シトロネラール、カンフェン、リモネンなども含んでいます。

これらの多岐に渡る成分によって、どんな肌にも対応します。特に新陳代謝がうまく行っていない肌に使うと、皮膚細胞に働きかけ、肌の再生を促してくれます。傷痕の修復作用もあるので、ニキビ痕や妊娠線にも良いと言われています。

ネロリの効果的な使い方

エッセンシャルオイルとして輸入されたものは、香りも素晴らしいですが、非常に高価。フローラルウォーターなら100ml1,000円前後からあり、化粧水として使用すれば大変高い効果が得られるでしょう。

また、日本の甘夏ミカンはビターオレンジの一種である夏ミカンが変異したもので、成分がビターオレンジと非常によく似ています。この甘夏ミカンの花を使用したオイルも販売されています。また、ネロリはビターオレンジの花から採取したものですが、皮から採取する「ビターオレンジ」という精油もあり、ネロリ同様抗うつ作用や消化促進、保湿効果があります。ですから甘夏ミカンを食べたり皮を部屋に置いておくだけでも効果があるはずです。

3月~5月が甘夏ミカンの時期ですから、一度試してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加