納豆を簡単手作りで!健康と美肌にはナットウキナーゼをおすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

32_納豆_re

アメリカのカリフォルニア州サンタバーバラ在住の26歳の主婦兼大学院生です。中国生まれ、日本育ち、そして2008年に結婚でアメリカに移住しました。現在生後2か月の娘と夫と3人暮らしをしています。カリフォルニア大学サンタバーバラ校で政治学の博士号を取得するため、学業に励んでいます。

ハードな学生生活で、肌荒れとニキビに悩まされて

アメリカの大学は日本と違い勉強漬けですが、大学院に入ってからもっとハードになりました。通常の勉強のほか論文提出もあり、深夜まで起きていたり食事を抜いたりと不規則な生活が続き、ストレスが溜まっていきました。寝不足のせいか肌荒れがひどくなり、ニキビだらけになってしまいました。

夏でも肌が乾燥するため、クリームを塗りたくっていました。するとニキビが悪化し炎症を起こすのですが、今度はそれを隠すために化粧をしなくてはならなくなりました。普段はしていない化粧のせいでさらに炎症がひどくなり、化粧するたびに痛みが走り苦痛でした。

毎日納豆を食べ、刺激物は摂らないように

納豆を必ず毎日1パック以上食べるようにしました。定番の納豆+醤油のほか、油揚げに包んで揚げたり納豆巻きにしたりと、いろいろなレシピを考えて飽きないように工夫しました。夫も喜んで食べてくれます。

それと同時に、コーヒーや唐辛子などの刺激物は避けるようにしました。カフェインや辛いものは肌にも刺激になるからです。また、大豆も摂り過ぎは良くないと聞いたので、豆腐、おから、豆乳などの大豆製品は量を考えて食べるようにしました。

納豆にすごい健康効果が。肌荒れも疲れも改善

アメリカでも日本のテレビをよく見ています。そこで知ったのが納豆キナーゼの効能・効果でした。納豆キナーゼには血栓を溶かしやすくする働きがあります。それによって血中コレステロールや中性脂肪を減らし、心筋梗塞、脳梗塞、生活習慣病、便秘などの予防や改善になるそうです。

また、ポリアミンという成分は細胞の新陳代謝を促進させる作用があるので、肌荒れに効果があると聞きました。レシチンは脳を活性化させて記憶力を良くしますし、サポニンには非常に強い抗酸化作用があるそうです。このようにたくさんの効能・効果があるので、毎日食べるようになったらだんだんニキビが減って来て、肌荒れも改善されました。疲れにくくなったのもとても助かりました。

自家製納豆で低価格、固さ調節も出来て便利

納豆は日本で買うほど安くないので、ネットで調べたところ、自分で簡単に作れることがわかりました。大豆のみのコストですから、納豆を買う時の10分の1くらいで済みます。しかも、手作りのほうが大豆の柔らかさを調節できます。

作り方は色々ありますが、500gの大豆と市販の納豆1パックでできます。水に一晩つけた大豆を圧力鍋などで柔らかくし、水を切ったら納豆をよくまぶして発酵させるだけ。40℃くらいで発酵させると8時間程度、30℃くらいなら24時間程度で出来上がりです。

ただ、夏は問題ないのですが、冬は気温が下がるためどうしても若干出来が悪くなってしまいます。効能も、もしかしたら夏に比べて劣ってしまうのかもしれません。でも、低コストで済みますし手軽なので、これからも毎日食べたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加