爽やかななつみかんは、美肌や疲労回復、アンチエイジングにも効果アリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

45_みかん_re

夏バテや老化、高血圧の防止にも。なつみかんの優れた栄養素とは

爽やかな香りとジューシーな果実のなつみかんは、柑橘系の果物として家庭でも食べることが多いでしょう。ゼリーやジュースは子供たちにも人気があり、また彩りが綺麗なので魚や肉などのメインの料理に添えられることもあるのではないでしょうか。ビタミンCが豊富で抗酸化作用が高いことから、美肌のために食べる人もいます。疲労回復や高血圧の防止にもなる栄養価の高いフルーツなのです。

クエン酸:疲労回復、免疫力向上、殺菌作用、抗酸化作用、食欲増進

なつみかんの酸っぱさは、クエン酸によるものです。クエン酸には免疫力を向上させたり、体内に蓄積した乳酸の利用を高めて疲労を回復する効果があります。食欲増進効果もあるので、夏バテや風邪気味のとき、また運動をする際などに摂ると良いでしょう。またクエン酸は抗酸化作用があり、血管やお肌の老化を防いでくれます。殺菌作用もある成分です。

ビタミンA:肌や粘膜の保護、抗酸化作用、美肌、目の網膜機能の活性化

なつみかんに含まれるビタミンAは、夜に目が見えにくくなる夜盲症の予防に良いことで知られています。目の網膜機能を活性化させたり、眼精疲労を緩和してくれる成分です。また高い抗酸化作用により、お肌や血管の老化を防ぎ、粘膜や肌に潤いを与えて保護する作用もあるので、美肌に良い成分ともいえるでしょう。

ビタミンC:コラーゲンの生成、免疫力の向上、美白効果

なつみかんは非常にビタミンCが豊富です。ビタミンCは肌や髪の毛を形成するコラーゲンを生成したり、シミの原因となるメラニン色素の発生を抑制する働きがあり、美しい白い肌を作るためには欠かせません。また免疫力を向上させる働きもあり、風邪や口内炎の予防対策としてもしっかり摂取したい成分です。

カリウム:むくみの解消、ナトリウムの排泄、筋肉機能の活性化

なつみかんにはカリウムが含まれています。カリウムは人の生命にとって大切なミネラル成分で、むくみを解消したり、筋肉の動きを良くする働きがあります。また体内の余分なナトリウムを外へ出す作用があり、これによって血圧の上昇を抑制することができます。高血圧の人にもおすすめの成分といえるでしょう。

オ—ラプテン:精神安定、免疫力向上

なつみかんの皮には、オーラプテンという成分が含まれています。この成分は神経に作用して精神を安定させたり、ストレスを緩和する働きがあるとされています。リラックス効果を得ることができる成分といえるでしょう。またオ—ラプテンには免疫力を向上させる働きもあり、風邪や病気に対する抵抗力をつけることができます。

なつみかんを使った主な料理

なつみかんはそのまま皮をむいて食べることが多いですが、それ以外の料理としては果実や果汁のゼリーやアイスクリーム、羊羹やケーキなどのスイ—ツ系があるでしょう。そのほかにもサラダに入れたり、煮込んでマーマレードにして食べたり、またジュースにしても美味しくいただけます。肉や魚料理のソースを作ったり、またお寿司に使う地方もあるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加