あの「ぬめり」が驚きの効果を発揮するってホント?!モズクがもたらす効能について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もずく_re

食物繊維だけじゃない!モズクに含まれる優秀成分とは

モズクというと「ぬめり」をイメージする方も多いでしょう。海藻ですので、食物繊維が豊富というのは何となく分かりますよね。しかし、モズクの注目したい成分は食物繊維だけじゃありません。カルシウム、カリウムなどが豊富に含まれています。そして最も注目したい成分が「フコダイン」。このフコダインという成分はモズクの「ぬめりのもと」なのです。実は、このぬめり成分であるフコダインですが、数々の魅力的な健康効果があることで知られています。まずはダイエットの効果や美肌の効果。さらには、血圧の上昇を防ぐ、肝機能の働きのアップ、血液の流れをよくする効果など優れた能力を発揮して私達を健康に導いてくれます。モズクに含まれるフコダインは、わかめや昆布などの他の海藻類に比べると一番多い含有量です。上記のような健康効果が欲しい人には、モズクを積極的に食べることをおススメします。

モズクがもたらす健康効果は?

モズクには、中性脂肪やコレステロール値を下げる作用があります。食事の前に食べると、なんと肥満を抑制してくれます。肥満になるとさまざまな病気の引き金にもなるので注目したい食品ですね。またモズクを食べるなら食前がいいと言われているのには次のような訳があります。フコダインが胃の粘膜を保護して、脂肪吸収を抑制してくれるからです。「肥満が気になる」という人は、食事前に食べるようにするといいでしょう。

モズクの吸収を良くする食べ方とは

一口にモズクと言っても、どのように食べるのが体内への吸収率が高まるか気になるところですよね。一般的に知られている調理法としては、酢の物として食べる方法でしょう。現在では、自分でわざわざ調理しなくても、市販ですでに酢の物として調理されたものが食べやすい大きさのカップに入ってスーパーに陳列されていますよね。また、もし自分で調理しようと思ったら、塩抜きをしっかりとしてから酢の物へ調理するようにしましょう。更におススメの食べ方は、モズクスープ。実は、モズクは熱を加えることで体への吸収率が高くなるのです。スープに混ぜて食べるのはもちろん、応用で味噌汁、ラーメンなどに混ぜて食べるのも美味しいです。なお野菜炒めに混ぜたり、炊き込みご飯に混ぜて食べるのも、簡単に食べることができます。

血液サラサラ効果が老化防止に繋がる!?

モズクのたくさんの健康効果の中に、血液の流れを良くする効果もあります。実は、人間の体には老廃物が溜まって血液がドロドロになっていることがあります。この状態は、健康状態としてはあまりよくない状態です。私たちは食べ物から摂取する栄養分を血液によって体に循環させます。しかし、ドロドロの血液になってしまうと栄養が行き渡らない状態となります。さらに、血液が滞った状態は体の冷えを引き起こします。これにより免疫も下がり、病気になりやすく、体の老化も引き起こしてしまいます。しかし、モズクで血液がサラサラになれば、血液の循環が良くなり免疫がパワーアップして健康的になります。更に、体の老化も抑えてくれるので健康体になりたい人にはおススメの食品です。いろいろな調理法で毎日のように摂取できる食べ物ですから、積極的に食べることが健康への近道となるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加