血液作って有害物質を体外排出!モリブデンで身体をクリーンにしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

102_レバー_re

血液を作るモリブデンで身体をクリーンにする!

モリブデンはエネルギーの代謝に関わっているミネラル成分で、人間の身体の中では肝臓に多く存在しています。この成分が多く含まれている食材として有名なのはレバーで、その他にはチーズや大豆などにも含まれています。

この成分は血液の正常な働きを支えている主要な栄養素の一つなので、血液を作る過程に大きく貢献しています。

健康な血液を作るモリブデン!

モリブデンは血液を作る過程に関わる成分で、鉄分の効果的な代謝に大きく関与していて、鉄分の効率的な利用に貢献しています。

また銅の規則的な排出にも関与しているので、この二つの成分が重要な構成成分である血液の正常な働きに、必要不可欠なミネラル成分と言えます。ですのでこの成分は血液の安定的な形成に役に立っています。

有害な物質を体外に排出するモリブデン

モリブデンには体内に溜まっている老廃物を、体外に排出する役目のある尿酸を作り出す酵素の働きを補助しているので、身体に害のある物質を身体に溜めすぎないようにすることに貢献しています。

ですので新陳代謝を促進して身体の老化などの症状を抑止したり、肌や粘膜などを健康な状態に保つ効果も期待出来ます。

レバーを積極的に食べてモリブデンを摂取

鶏や牛のレバーはモリブデンが多く含まれている代表的な食材として知られています。

鶏のレバーは焼き鳥のメニューなどとして有名で、牛のレバーは焼肉屋などで食べることが出来ますが、家庭料理としてもレバニラ炒めや唐揚げなどのメニューが有名です。また豆腐と一緒に食べると効果的にこの栄養素を摂取することが出来ます。

チーズをたくさん食べてモリブデンを採る!

チーズなどの乳製品にもモリブデンが多く含まれています。チーズを使った料理としてはピザなどのイタリア料理やお菓子などが有名です。

それ以外にはサラダなどとを一緒にチーズを食べると、ビタミンとミネラルを効率的に摂取することが出来る上に、吸収率も高まるので理想的な食べ方と言えるでしょう。

モリブデンの適正な摂取量は20μgから25μg

モリブデンの推奨されている適正量としては20μgから25μgとされています。この量を食べ物から摂取する場合にはレバーなどから採るのが一般的です。

またチーズや穀類などからも摂取することが出来るので、これらの食材を組み合わせて継続的に食べることが大切です。またこの成分は採り過ぎても尿として排出するので安心です。

老廃物を輩出して身体を綺麗に保つモリブデン!

モリブデンは身体に欠くことの出来ないミネラル成分の一つです。鶏や牛などの肝臓に多く含まれている成分で、血液の形成に関わっています。

この成分は体内に溜まった老廃物を身体の外に排出する働きに貢献しているので、身体の中をクリーンな状態に保つことが出来ます。ですので身体の老廃物の増加などが気になる方は摂取するといいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加