ひどい冷え性にはおかゆと味噌汁でビタミン・ミネラルを摂取してみて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかゆ_re

名古屋で家族と暮らす21歳の女子大学生。パン屋で製造・掃除のアルバイトをしている。

冷え症の原因・生活習慣病の恐れ

もともと冷え症で、冬場の手足は一日中水に浸している感覚でした。血行を改善しようと運動してみたり、生姜湯を飲むなど自分なりに努力してみましたが一時的に効果があるものばかりで数分で冷えてしまうのが悩みでした。また、昼、夜ご飯は生野菜を意識して食べていましたが、朝は食べる気にならず菓子パンやフルーツ(特にマグネシウムが多いバナナ)を主に食べていました。バランスを考えてヨーグルトや豆乳も取り入れていましたが、菓子パンを食べている時点で個々にバランスをとるために食べているものがあっても全体でのバランスは落ちるきがしていました。甘いものが中心だったので、生活習慣病になりやすくなると危惧していました。

朝ごはんにおかゆと味噌汁

このままではお先真っ暗になるかもしれない、朝ごはんを見直そうと思っていたある日、おかゆに目覚めました。米はパンより良いと知っていたのですが朝から少し重いと思っていました。しかし、おかゆなら柔らかく食べやすいうえにとろみがあり、より体を温めてくれると思いました。また、それだけでは足りないので味噌汁も付け加えました。また、豆乳は今まで通り続けて飲んでいます。菓子パンは極力控えるようにし、食べるなら甘いものだけにかたよらないよう野菜を入れたスープをつくるようにして糖質ばかりではないようにしています。

おかゆと味噌汁でビタミン、ミネラル

おかゆに保温効果があるのか、手足の冷えがすこし改善されました。食べてから数十分は温かく、水での皿洗いも苦になりません。おかゆや味噌汁に野菜を入れて煮込めば朝からビタミンがとれるようになりました。人参やだいこん、白菜など夜ご飯にしか食べなかったものをとるようになり、糖質や脂肪分が以前よりカットされている気がします。というよりも、ビタミンやミネラルをより多くとっているために、糖質の分解もされやすくなっていると思います。豆乳にはイソフラボンが入っていて女性ホルモンに良いと聞いたので、なるべく、香料や添加物が入っているような味付きのおいしい豆乳は避け、大豆そのままの豆乳を選んでいます。

まだ効果があるかはわからない

おかゆと味噌汁に変更して手足の冷えが少し改善されたのは事実ですが、まだ目の下のくまは改善されずどこまで効果があるのかはわかりません。しかし将来、今までの積み重ねでとりいれてきた糖質や脂肪分のせいで血液ドロドロになっているよりもなるべくそれらはカットして血液サラサラになっていたほうが良いのでその習慣は続けていきたいと思っています。野菜は体の調子を整えるためできるだけとりいれたいですが、生野菜は体を冷やすのであまりとりません。加工するのは少し手間ですが焼く、蒸す、煮るなどいろいろな方法があるので楽しんで調理できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加