外食続きで主人がメタボに!ヘルシー献立を開拓して腹囲を改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メタボ_re

静岡県32歳専業主婦です。主人31歳、長男5歳、次男1歳の4人暮らし。結婚前は全く料理をしたことが無かった私ですが、専業主婦になってからは、ヘルシーでリーズナブルでおいしい献立を求めて料理本とにらめっこする日々です。

外食続きでいつのまにか主人がメタボに。

結婚当初は、顔がちょっと丸い程度でおおむね健康的な姿だった主人ですが、夜遅くまでかかる仕事での共働きだったため、家事の時間がなかなかとれず、朝食は抜き、お昼は各自コンビニなど外食、夜は仕事終わりに合流して外食、という散々な食生活が数年続いた結果、気づくと主人は腹囲90超えのメタボ体型になってしまいました。

このままでは、何かしらの生活習慣病を患ってしまうかもしれないと危険を感じ、食生活改善の必要性を感じました。

ヘルシー献立の開拓。野菜・豆腐の多用。

妊娠し出産を控え退職した私は、専業主婦としていよいよ本格的に料理にとりかかりました。主人のメタボを改善するべく、献立の方針は低カロリーで栄養のあるもの。

まず朝食は軽くてもいいから必ず摂る。ごはんにお味噌汁で目玉焼き+ウインナーの日と焼き魚+納豆の日を交互に。主人は寝起きが悪いので、納豆の鉄分が効いてくれるといいなと期待してます。お昼はお弁当。夜はメインの品が肉・魚・大豆(豆腐・厚揚げ・おから・大豆ミートなど)でローテーションするように心がけています。揚げ物は週に1回までと決めました。唐揚げは鶏の胸肉で作ります。サブには旬の野菜で簡単な品を、煮びたしや野菜炒めなどを付けます。

豆腐と野菜たっぷり料理でタンパク質とビタミンを摂取。

肉料理が続かないように注意しているのですが、かといって魚料理はバリエーションが少なく、飽きやすくて困ります。その点お豆腐や厚揚げ、大豆ミートは色んな味付けに合ってメインを張ることもできるし、良質なタンパク質を摂ることができ、さらに低カロリーなので無理せずダイエットできていると思います。

野菜も欠かさないよう注意しています。我が家の献立において重宝している野菜は、夏はなす・トマト・ゴーヤ、冬は白菜・大根です。安くてお腹いっぱい食べられる旬の野菜を多用して、せっせとビタミン・ミネラル・食物繊維などを摂取します。レシピに載ってない野菜を勝手に追加して、かさ増しすることも多いです。

改善しつつある腹囲、そして体臭改善。

お豆腐・厚揚げ・おから・大豆ミート、そして旬の野菜はお安いので、ネットでレシピを検索したりすれば無限に続けられそうです。大豆メニューの日もちょこっとお肉を入れて旨みを足す場合もあります。続けるためにはそれもアリだと思います。大豆ミートは500g1500円くらいで入手しています。お水で戻すと3倍になり、1g1円であれば高くないかな、と思っています。

ヘルシー献立を実践していくうちに、現在は腹囲83cm、メタボ基準をギリギリ下回ることができました。驚くことに、足臭かったのもいつの間にか改善したため夫婦ともに喜んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加