食生活の栄養バランスは重要!野菜やフルーツを摂りいれた食事で体調改善

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目_re

埼玉県に住んでいる35歳の主婦です。夫と3人の子供と暮らしています。実は、若い時から生理痛のひどさに悩まされていました。出血も多いため、毎月の生理痛は寝込むほど・・・。また経血が多いので、貧血症状は辛いものでした。そして、結婚してから、出産前に、卵巣嚢腫だということが分かって手術をしたため、生理時に大量に出血することはおさまりました。

ところが、また最近、まるで貧血の時のようなめまいに悩むようになってしまったのです。

この症状は貧血?めまいが頻繁にやってくる

貧血との付き合いは小学生のころまでさかのぼります。普通に立っていても、貧血のせいか立ちくらみやめまいに襲われていました。日常茶飯事なので、自分的には慣れていたものの周囲からは「顔色が悪い」とよく心配されていたものです。

また、中学に入るまえに生理になってからは、毎月の出血量がかなり多いのに悩むようになりました。ただでさえ貧血だったのに、血の量が多いことから、さらにめまいでフラフラしているのです。貧血症状はさらに悪化していたと言えます。

そして、そのまま年齢を重ねて結婚して妊娠。妊娠発覚後に子宮内膜症であると診断されました。手術をした方がいいとのことだったので手術を受けました。出産後しばらくしてから再開した生理の時には、以前のような大量出血はおさまっていました。そのため、貧血症状は落ち着いてきたと自分では思っていました。

しかし、35歳になる頃から、また以前のようなめまいが頻繁に見られるようになったのです。

鉄分を多めに摂るような食事に

もしかしたら、鉄分不足のため、また貧血気味になっているのではと感じ始めました。そこで鉄分が多いと言われる食品を中心に、日々の食生活にプラスしていったのです。アサリやレバー、海藻類、納豆などを一品加えてみました。ただ、聞くところによると、鉄分だけ摂取しても吸収率が悪いと、体に鉄分がすんなり入っていかないそうなのです。

そこで鉄分の吸収をサポートしてくれるビタミンCを同時に摂るようにしてみました。特に野菜にはビタミンCがたくさん入っているということですから、生野菜サラダも日々の食事に取り入れています。さらにカフェインの飲み過ぎにも注意しています。コーヒーや紅茶、そして緑茶の飲み過ぎは鉄分の吸収に影響があるということ。今まで食後のコーヒーがたのしみだったのですが、それを止めて野菜ジュースに変えてみています。

鉄分の吸収率をあげるにはフルーツがおススメ

貧血には鉄分の補給が一番!というのは耳にすることですよね。しかし、鉄分を含む食品をたくさん食べたとしても、吸収率が低ければあまり効果がないのです。鉄分の多い海藻類やレバー、ほうれん草、納豆などを食べたら、ビタミンCを摂取して吸収を助けることが必要です。ビタミンCが多く含まれる野菜やフルーツを一緒に食べると、鉄分が体にグングン吸収されていくのでおススメです。

食後にフルーツをデザートにするのもいいですよね。やはり、健康になるためにはバランス良く栄養を補給するのがいいのではないでしょうか。

実際、私が鉄分を摂るために「鉄分」の食品だけを食べてみたところ、あまり効果は感じませんでした。めまいが治るわけでもありません。しかし、バランスの良い食生活にするといいことを聞いたので、野菜やフルーツを取り入れてみたりするようになったところ、明らかに体調が良くなる兆しが見られてきたのです。

特に、貧血の時のようなフラフラ感がなくなったこと、顔色が良くなったことは、日々の生活を暮らしやすく変えてくれました。ビタミンCの美肌効果でしょうか。肌のツヤが以前よりもアップしたと思っています。今では、ごはんにおかず、生野菜サラダにフルーツなど、食生活に彩を加えてバランスの良い食事で、めまいのない毎日を過ごすようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加