ツラーい末端冷え性にはショウガココアを試してみて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

147_冷え_re

北海道の札幌市のはずれで家族と暮らす高校3年生、当時は受験生でした。道内の道立高校に通っています。学校が市外にあるため、朝早くに出かけているので、朝ごはんは軽く済ませています。冷え症にとても悩んでいました。

手足の末端が冷えて集中力が低下

受験生でもある私は、毎日駅から学校への約2kmを徒歩で登校。その時点で、冬は雪にさらされ、風にさらされ、学校に着くころには手足は冷え冷え。それにまして道立高校でもあり、校舎も古くストーブなどなく、上から温風が吹きつけるような教室。満足な予算がなかったようでその暖房ですらスイッチが入るのはめったにありません。

さらに足先はタイツ1枚に上履きを履き、授業中はほぼ足先の感覚はなく、手先も凍ったままペンを握るようなことがしばしばありました。

効果アリは生姜とココアだと聞き…

よく聞く生姜や、ココアは真っ先に試しました。調べてみると、生姜は上半身の冷えを、下半身の冷えはココアで補えるんだとか。それを聞き、ココアにスプーン1杯の生姜をポトリ。オリジナルのショウガココアを作り、飲んでいました。

他には生野菜よりも温野菜、それに加えて根菜は特に体を温めると聞き、学校にスープジャーで生姜ポテトスープなどを持ち込んでいました。他にも、唐辛子などの辛み成分を摂取し、体を冷やしそうな食べ物(冷たい水でさえ)取ることを控えていました。

発汗作用はもちろん、ビタミンも

生姜や唐辛子などの辛みが冷え症に聞くというのは発汗作用があるから。それは言われなくても何となくわかっていましたが、かぼちゃや芋などをはじめとした根菜やニラなど、冷え症にいいという食べ物には、気になって調べてみたところビタミンEが含まれていたのでした。

ビタミンEは、末梢血管にまで血液の流れを良くする力があり、血液の循環をよくして、血の周りにより末端を温めるという力を持っていました。ほかにも、体温を維持するミネラルなどが豊富に含まれていることで冷え症に効く、という結果につながっているということがわかりました。

スープジャーのぬくもりはすばらしい

朝には温かいショウガココアを一杯。お弁当の時間にはスープジャーの生姜ポテトスープでほっこり。そんな生活を受験生の冬、12月一杯続けていました。

最初のほうは飲んだ直後のみ温かい、そんな気もしていたのですが、1週間、2週間と重ねるうちに、学校に着いてから足先に冷えを感じるまでの時間が長くなって行きました。それだけでなく、足先が全く冷えない日もポツポツと増えるようになってきました。そんな日はなにも苦がなく勉強に励むことができました。生姜は特別高いわけでもありませんし、ショウガココアも思ったよりもクセがないのでとてもお勧めです!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加