便利に使えるますは集中力アップや疲労回復に効果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

174_ます_re

ミネラル豊富で使い方いろいろ!ますの栄養素

ますは脂質が豊富な事で知られていてその脂質の中に、DHAやEPAなどの成分が含まれていて、その他にもさまざまなたんぱく成分やミネラル成分を含んでいるので総合的に利用価値の高い食材で、焼いたり煮たりといろいろな調理の仕方があり、さまざまな料理に使う事ができて、種々な料理との食べ合わせも豊富な食材と言えるでしょう。

DHA:脳神経の活性化!

ますに多く含まれているDHAはドコサヘキサエン酸の略称で、青魚やマグロなどの魚類に多く含まれている成分です。脳神経を活性化させる働きにとても大切な栄養素といえるでしょう。DHAは脳を活性化させるだけでなく、体内の血液をサラサラにして結果的に動脈硬化の予防や脳卒中などの対策になるので、それらの症状をお持ちの方にも必要で大切な栄養素と言えるでしょう。

EPA:動脈硬化の予防に!

ますに多く含まれているEPAは、別名エイコサペンタエン酸で多価不飽和脂肪酸の一つです。EPAは主に魚介類などの油のなかにある成分で血小板などが固まってしまうのをを抑える効果がある事で知られ、動脈硬化などの予防に効果があるといえるでしょう。また血液をサラサラにする効果があるとされていたり、中性脂肪などを減少させる効果があるとされているので、ダイエット中の方などにも必要な成分と言えるでしょう。

ビタミンB1:勉強や仕事の効率アップに!

ますに多く含まれているビタミンB1は、水溶性ビタミン郡のひとつで糖質や炭水化物からのエネルギーへの変換や、皮膚や粘膜などの状態の維持を補助する効果がある以外に、糖質を必須の成分としている脳神経系の正常な働きにも貢献しているので、受験勉強中の方や仕事で頭を使っている方にも必須の栄養素と言えるでしょう。

リン:骨を丈夫にする!

ますに多く含まれているリンは、体内に多く含まれるミネラルのひとつで、カルシウムの次に多く含まれているミネラル成分として知られている食材です。リンの効能としては疲労回復などの効果が有名でそれ以外にも、骨や歯などの組織を構成するのに重要な役割を担っているので、歯や骨などに問題を抱えていらしゃる方などは、リンの摂取が必要と言えるでしょう。

カリウム:高血圧の対策に!

ますに多く含まれているカリウムは、体内には多く存在している成分で生命活動の中でも必須の栄養素ですので、気をつけていないと簡単に欠乏症などに陥ってしまうので、注意が必要なミネラル成分です。カリウムの効能としては、ナトリウムなどの排泄を促す効果があるので、血圧などを下げる作用がある事が知られているので、高血圧などの症状をお持ちの方は積極的に摂取することが必要でしょう。

ますを使った主な料理

ますの料理としては塩などで味付けして焼いたりするのが一般的ですがそれ以外にも、ホイル焼きや西京焼きにしたりムニエルや揚げ物などにも使え、また寿司の具材としても有名で、いろいろな種類の寿司が存在していて調理の仕方なども多いです。この食材は脂質なども多く含まれていて味も豊かなのでさまざまな使い方ができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加