マーガリンが健康な体を作る?マルガリン酸の及ぼす健康効果とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーガリン_re

マルガリン酸はマーガリンの栄養成分

マルガリン酸はヘプタデカン酸の別名として知られています。名前を聞けば分かるように「マーガリン」の含有成分。飽和脂肪酸の一種のマルガリン酸ですがマーガリン以外ではバター、チョコレート、ナッツ、牛乳、魚介系食品などにも入っているのです。

でもちょっと「脂肪」というところが気になる人も多いでしょう。そもそも飽和脂肪酸の一種の中鎖脂肪酸は脂肪を蓄積しない働きもあるので、適度に摂取することは健康な体作りに大いに役立ってくれる嬉しい成分なんですね。適度なマルガリン酸の摂取を意識することは、元気を復活させたいという人にも注目されている成分なのです。

マーガリンは気軽に摂取できる食品

朝食は「パン食」という方も多いでしょう。トーストを焼くだけでOKなので、忙しい朝には嬉しい朝食スタイルですよね。日本人はかつて、ごはんを朝食に食べる人が多かったですが現代ではパンを食べる欧米スタイルも珍しくなくなってきています。

そんなパン食の人にこそ、マルガリン酸の健康効果を実感してほしいところ。パンを焼いた後にマーガリンを塗って食べてみましょう。マルガリン酸の栄養分は、エネルギーともなるため一日の始まりである朝の栄養補給には最適な栄養素となっています。マーガリンはパンに塗れば毎日のように継続して食べることができ、マルガリン酸の効果が得られる優秀な食品とも言えます。

お酒のおつまみにナッツ

気軽にマルガリン酸の効果を期待するには、日ごろからマルガリン酸入りの食品を意識するのがコツ。でも朝食は「ごはん派」という人は、マーガリンをなかなか摂取する機会がないものですよね。そんな人には、ナッツをお酒のおつまみに軽くつまむだけでもOKです。カシューナッツならそのまま食べても美味しいので、手軽に食べることができますよね。

またお酒も飲まない・・・なんていう人は、マルガリン酸が含まれている牛リブロースを食べてみてはいかがでしょう。こちらの食品もマルガリン酸が含まれていて健康効果が期待できそうですよ。

過剰摂取は禁物のマルガリン酸

このようにエネルギー補給には素晴らしいと言われているマルガリン酸の効果ですが、摂取のし過ぎは禁物。人間が生きていく上で油脂分はなくてはならない成分と言われています。体の中で作り上げていくことができない飽和脂肪酸は、食べ物からの摂取しかできない栄養分です。そのため、エネルギー源として効率よく摂取することが望ましいと言われTいますが、油脂分は脂肪となってしまうため摂取のし過ぎは体にとって逆効果となってしまいます。

マーガリンを塗ってマルガリン酸をたくさん摂取して健康効果を期待したい気持ちは分かりますが、1日の摂取量の目安である15グラム程度を守って上手に摂取していきましょう。15グラムというと大さじ一杯程度ですから、パンに塗って食べる時も「摂取のし過ぎはNG」ということを意識しながら控えめに食べるようにするといいですね。

適度な摂取で健康効果を発揮

マルガリン酸とも言われているヘプタデカン酸。マーガリンや肉、ナッツ、魚介類という比較的摂取しやすい食品に含まれている栄養成分です。特に朝食をパン食にすれば、毎日のように継続してマルガリン酸の栄養成分の効果が期待できますね。日々のエネルギー補給にも効果があるのは有名ですが、血液や細胞膜を作りだしてくれる効果もあるとのこと。ただし脂肪酸であるということを忘れずに、過剰摂取に注意して適量を正しく食べていくように心がけていってはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加