マンゴーに含まれるビタミンAとビタミンEは体の回復力を高める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

61_マンゴー_re

マンゴーは様々な栄養素を含み健康食材としても非常に優秀!

東南アジア原産の非常になじみ深い果物であるマンゴーですが、実はビタミン類やミネラル、カルシウムなど非常に豊富な栄養素が含まれている栄養価の高い果物であると言われています。多くの果物同様、デザートやジュースとして頻繁に登場しますが、ドライフルーツとしても市販されており、おやつ感覚で味を堪能でき、かつ栄養素もしっかり摂れる非常に優れた食材のひとつです。

ビタミンA:皮膚や粘膜の健康を維持、目の健康状態を維持する

マンゴーに含まれるビタミンAは目のビタミンとも呼ばれ、目の周りの疲労や障害、さらには皮膚や粘膜の健康維持に非常に有効に働く栄養素であると言われています。具体的には夜盲症や目の充血、疲労感の改善に役立つと言われており、積極的な摂取が望まれます。そのほかにも内臓などに良い効果があるとされ、健康維持にはぜひ摂取しておきたい栄養素のひとつであると言えます。

ビタミンE:疲労回復、筋疲労改善

ビタミンAの他に、ビタミンEもマンゴーには豊富に含まれています。ビタミンEの主な働きは、体内の血液の循環を正常に保つというもので、その結果体中に行き渡る酸素の量が増し、疲労回復に効果絶大と言われています。さらに、血流が良くなることによって筋肉の緊張や痙攣が改善でき、関節などのこわばりもとれやすくなるため、運動によって体が疲れている人などには非常に有効であると言われています。

ビタミンC:風邪予防、傷の治癒を早める

果物に含まれるビタミンといえばこのビタミンCが最も有名です。他の果物同様、マンゴーにも豊富に含まれており、主に体の抵抗力を高める働きや傷の治癒を早める働きがビタミンCにはあると言われています。体の抵抗力が増すと、風邪やインフルエンザなどにかかりにくくなり、万が一かかってしまった場合も回復が早まると言われています。そのため、風邪予防にはぜひ摂取しておきたい栄養素のひとつであると言えます。

カルシウム:強い骨作り、イライラ解消、骨粗しょう症予防

骨作りには欠かせないカルシウムもマンゴーには豊富に含まれています。カルシウムは直接骨や歯などの成分になるため、幼少期のこどもにとっては非常に重要な栄養素であると言えます。幼少期でなくても、最近は骨粗しょう症に悩まされる人も増えており、その予防にも有効な栄養素です。また、骨作り以外にもイライラを解消する働きがあると言われています。

葉酸:貧血予防、整腸作用

マンゴーに豊富に含まれているビタミン群のひとつにあたる葉酸は、主に赤血球の形成に役立ち、貧血予防に非常に効果的であると言われています。そのほかにも、腸内の寄生虫を退治し、食中毒から体を守る働きも持っており、下痢や便秘などに効果を発揮すると考えられています。動脈硬化や肌のトラブルにも有効であると言われ、様々な効果が期待できる栄養素のひとつです。

マンゴーを使った主な料理

マンゴーは主にデザートやジュースとして登場することが多い果物です。その主な料理としては、プリンやスムージー、ヨーグルトなどが挙げられます。ジューシーな果肉を生かした料理が多いですが、ドライフルーツにしてもとてもおいしく、健康的なおやつとして多くの家庭で好んで食べられています。料理のバリエーション、栄養価ともに申し分ない果物のひとつだと言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加