寿司のネタでも人気の高いまぐろは老化の予防や生活習慣病にも効果あるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

75_まぐろ_re

積極的に摂りたくなる!まぐろのすごい栄養素

まぐろは日本人にとってとても人気のある食材です。寿司や丼など、背や腹の部分などの部位によって食感や味が変わり、その違いも楽しめます。スーパーや魚屋で手軽に手に入ることもあり、食卓にのぼる頻度も高いです。大型なので解体されていますが、捨てるところがないほど各部位が使われます。また国内だけではなく、日本に来た外国人にもとても人気があります。

DHA:体内に必須の脂肪酸

DHAは体に必要な脂肪酸で、人間の目の網膜や脳、心臓などに含まれていますが、体内ではほとんど作ることができません。おもにまぐろでは脂ののった部分に多くあります。またDHAは記憶力を高めるのに役立つ働きや、生活習慣病を改善に向かわせる効果があるので、大人だけでなく子供や高齢者もまめに摂るのがいいようです。

EPA:動脈硬化を予防、血液サラサラ効果

まぐろにはEPAも多く含まれています。EPAは血液中の赤血球を柔らかくするので、狭い血管も詰まることなく流れます。それによって血液がサラサラに保たれ、よって血管も若くいられます。またスポーツをする人が積極的に摂ることで、持久力や運動効果が上がったり、貧血を予防したりすることができます。

ビタミンD:カルシウムの吸収を助ける

ビタミンDはカルシウムの吸収を助けたり、骨を健康な状態にするのに欠かせない栄養素です。また、免疫力を高めたり神経細胞の保護にも役立ちます。骨を丈夫にしたい成長過程の子供や、骨粗しょう症、筋力の低下が気になる高齢者、更年期の女性なども、まぐろを積極的に摂ってこまめに運動するのが効果的です。

ナイアシン:血行を良くする、皮膚の健康維持

まぐろに含まれるナイアシンは、タンパク質や脂質、糖質をエネルギーに変えたり、アルコールを分解するのに役立っています。また、動脈硬化の予防や高脂血症を防ぐ働きもあり、血行が良くなるという効果もあります。お酒を飲んだ時は、二日酔いを防ぐためにも、同時におつまみとして摂るのがよく、働き盛りの男性に特にすすめたいです。

ビタミンE:抗酸化作用

まぐろにはビタミンEも含まれています。ビタミンEは、抗酸化作用があり、老化をおさえたり、美肌効果があります。また体にできた活性酸素から体を守り、病気にかかりにくくします。また、皮膚の細胞の酸化も防ぐので、気になるシミやくすみなどの肌トラブルも改善が期待できるので、女性にもしっかり食べてほしいです。

まぐろを使った主な料理

まぐろを使った料理といえば、まず生で食べられる刺身があります。いろいろな部位があるので様々な味が楽しめます。寿司にしても鉄火巻き、ネギトロ巻きや握り寿司や丼、ちらしなどがあります。他には油で揚げる竜田揚げや、あらを甘辛く煮た煮付けやたたき、ステーキにもできます。どちらかというと素材を生かした、生や簡単な味付けのものが素材をいかせます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加