肌荒れ・便秘にお悩みの方は「まごわやさしい」を意識して

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

93_しみしわ_re

三重県の実家で両親と暮らす27歳

肌荒れと便秘が気になっていました

お昼ご飯を外食することが増えて、食べたいものを好きなだけ食べる生活をしていたら、肌荒れと便秘が気になるようになりました。

外食でも栄養などを気にせず、甘いものも大好きで、食後にデザートを食べたり、休憩時間にコンビニなどでシュークリームやプリンなどをよく食べていました。

パンも大好きで、パン屋さんがあるととりあえず入って見てみるという生活でした。

そのような生活をしていると、やはり身体に影響があり、お肌が荒れたり、便秘に悩むようになりました。

「まごわやさしい」を中心にフルーツや生野菜など酵素生活を心がけています

「まごわやさしい」という「豆、ごま、わかめ(海藻類)、野菜、魚、しいたけ(きのこ類)、いも」といった、和食を中心にご飯を食べるようにしています。また、味噌や納豆、漬物などの発酵食品も積極的にとるようにしています。そして、フルーツや生野菜など酵素が取れるものも積極的に取るようにしています。

そのため、朝食はフルーツや野菜、豆乳などで作ったスームージーを取ります。最近ハマっているのはアサイーボウルで、アサイーにバナナとヨーグルト、ウィートグラスを入れ、いちごやブルーベリーなどをトッピングして食べます。甘さを足したいときは、GI値の低いアガペーシロップをかけています。

お昼は玄米に、亜麻仁油をかけて、納豆と梅干、わかめ入りのお味噌汁を食べています。

夜ご飯は好きなものを食べるようにしていますが、生野菜やフルーツ、豆腐、納豆など酵素や発酵食品は取るようにしています。

ビタミン、ミネラルが取れると聞いて「まごわやさしい」生活を

「まごわやさしい」は現代人の食生活に不足しがちなビタミンやミネラルが取れ、フルーツや生野菜は酵素や取れると本を読んで知りました。

豆乳からは、女性に不足しがちなイソフラボンが取れ、アサイーは抗酸化作用に優れていて、美容や健康に良いと聞きました。ヨーグルトの乳酸菌は便秘にも効くということで、アサイーと一緒に取り入れています。いちごは疲労回復や、美肌効果、老化防止にも効くというビタミンCが、ブルーベリーには、目の疲労をやわらげてくれるというアントシアニンが含まれているということで取るようにしています

玄米には解毒作用があり、亜麻仁油にはαリノレン酸という必須脂肪酸のオメガ3という栄養素が含まれているので、毎日取るようにしています。

病気知らずの体になり、お肌のことや便秘に悩まなくなりました

毎朝のスムージー作りは、フルーツの皮をむいたり、カットしたり、ジューサーを洗うなど少し手間はかかります。しかし、それ以上にスムージーがおいしく、美肌にも貢献してくれるので、毎日作るようにしています。

フルーツは毎日たくさん取るとかなりコストがかかりますが、美容代として考えているので惜しくありません。

玄米は1時間くらい浸水させ、土鍋で炊くので時間はかかりますが、毎日食べていると便秘がなくなりました。

発酵食品も積極的に取り、「まごわやさしい」を中心とした和食を取る生活をしていることもあり、家族が風邪をひいたときも、私だけ元気で、風邪なども全く引かず病気知らずにもなりました。

外食をする時も、お味噌汁や納豆やサラダを取るなどし、その時にできる範囲で食事を意識しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加