ランチ時は注意!にんにくたっぷりのパスタランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くさい_re

日本のパスタは本場イタリアより臭い!?

パスタにはにんにくが使われているものが多いです。日本のパスタはにんにくを入れるのが基本と考えているようで、入っていないものを探すほうが難しいほど。でも、お昼休みに食べる場合はちょっとニオイが困りますよね。

実は、パスタの本場イタリア人からすると、日本のパスタはにんにく臭すぎるのだそうです。イタリア人は香りに敏感で、調理する時も油に香りを移したら取り出してしまうため、ほのかな香りしかしないのだそうです。ところが日本のパスタは、にんにくが入ったままのものが多いし、ニオイもきついです。イタリアで使うにんにくと品種が違うため、イタリア人にとっては日本のパスタは臭すぎて食べる気になれないのだとか。

にんにくが欠かせないパスタと言えばコレ!

とはいえ、もうにんにくのニオイに慣れてしまった私たちにすれば、パスタににんにくは欠かせない調味料の一つです。たとえば、シンプルで知られる(日本風)ペペロンチーノ。唐辛子も入っていますが辛みは弱く、どちらかというとにんにくの香りで食べるパスタです。でも、ランチで食べるには躊躇してしまいますね。

人気のあのパスタにもにんにくが!

人気のトマトクリームパスタにも、にんにくが使われています。トマトとにんにくは相性が良く、味が引き締まるので美味しさがアップします。オリーブオイル、にんにく、トマト、塩はシンプルかつベストマッチな食材です。

意外や意外!こんなパスタもにんにく入りかも?

ほとんどどの店にもある和風パスタ。和風と聞くとにんにくは使われていない気がしますが、ご存知のとおり醤油とにんにくはとても良い相性です。味に深みが出ますから、結構にんにくを使用しているお店が多いようです。頼む前ににんにく入りかどうか、一言尋ねたほうが良いですね。

緑色のあのパスタもにんにく入り!

バジルのおいしさが引き立つジェノベーゼも、にんにくが使われているパスタのひとつです。バジル、オリーブオイル、クルミと比較的シンプルな材料だからこそ、にんにくでアクセントをプラスする必要があるのかもしれません。こちらも人気のパスタですが、ニオイが気になるときには避けたほうがよさそうです。

にんにくが使われていないパスタってあるの?

カルボナーラは、にんにくなしが一般的とされています。カルボナーラはクリーム系パスタに該当していますから、同じくクリーム系のパスタでなら、にんにくなしのものも見つけやすいかもしれません。カロリーはかなり高いですが、麺好きな日本人はパスタも大好きな人が多いです。ランチ用にはにんにくの使用を抑えてくれるお店もありますが、一言お願いすると間違いないでしょう。

にんにく入りのパスタを食べた場合は、その後のケアを怠りなく。食後にガムを噛んだりタブレットを食べたりするだけでも違ってきますし、牛乳や緑茶などはにんにくのニオイ対策におすすめの飲み物です。パスタに使われるにんにくの量はそれほど多くないので、ちょっとしたケアをすれば、昼休憩のランチも怖くありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加