イヤ~な口臭とさよなら!お口の味方LS1菌のスゴイ働き!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くさい_re

つい最近発見されたLS1菌。みなさん、この名前を聞いたことがありますか?LS1菌とは乳酸菌の一種。口内細菌のバランスを整えてくれる善玉菌です。歯周病の原因菌にも効果を発揮し、歯周病予防や口臭を減らす一方でその安全性は確実。最近注目の乳酸菌なのです。

どうして乳酸菌で歯周病と口臭がなくなるの?

口臭と結びつけられがちな歯周病。事実、歯周病が進んでいる人ほど口臭もキツい、といわれています。そもそも歯周病の原因は、口の中の嫌な細菌です。口の中を清潔に保たないと、その細菌は口の中でどんどん増殖してしまうのです。そんな増えてしまった歯周病の原因菌を減らすためにはどうしたらいいのでしょうか。歯みがきやたばこをやめるなどの生活改善という方法もありますが、なかなかこれだけでは増えてしまった細菌をたたきつぶせないのが現実なのです。そんな時に役立つのが『LS1菌』。プロバイオティクス機能と呼ばれる口の中に生存する様々な細菌のバランスを改善する機能をもつLS1菌。人にとって有益な作用をもたらす微生物をつくり、さらにそれらの増殖も促してくれます。

乳酸菌だから体にも安心・安全!

悪い細菌を殺すイメージが強いものの一つに抗生物質がありますが、これでは悪い細菌と同時に良い細菌も殺してしまいます。さらに、耐性菌も生み出しかねません。LS1菌なら歯周病の原因菌を減少させる一方で、善玉菌を増殖させます。さらに耐性菌さえ作り出さないので、お口の健康にとても有効なのです。また口臭にも驚くほどの効果が期待できるLS1菌。口臭があるとされた20名を対象に、LS1菌が含まれたタブレットを服用させたところ、約3分の2の人の口臭が8週間後には無くなり、残り3分の1の人の口臭は無くならずとも改善されたとの報告があります。LS1菌は、口臭で悩む人たちにとっての希望の成分になりそうですね。

LS1菌は、タブレットで手軽に摂取

一般の食品には含まれていないLS1菌。注目されたばかりのこの成分は、今のところタブレットでしか摂取することができません。ただ通販などで簡単に手に入れることが出来るので、身近な成分になりつつあるようです。しかもタブレットであれば、気になるときにいつでもどこでも口の中で溶かすだけ。目安は1日に3錠程度で、決して多く摂取する必要もありません。食材や調理法を気にすることもないので、長く続けられそうなのも魅力です。ただLS1菌は摂取をやめると次第にその数が減っていきます。歯周病を治す目的であれば、少なくとも治るまでは、LS1菌を継続して摂取していきましょう。さらに口臭が気になる方は、毎日の摂取をおすすめします。

これからも目が離せない!口内ケアの必須アイテムLS1菌

まだまだLS1菌は発見されたばかり。今はタブレットでしか市販されていませんが、そのうち歯磨き粉などが開発されれば、より手軽に補給されそうですね。わざと口の中に菌を植え付けることに抵抗がある人もいるかもしれませんが、LS1菌は安全性が確認された乳酸菌。摂取しても何の問題もありません。簡単に摂取でき、お口の健康に効果が絶大なLS1菌。気になる方はぜひ毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加