胃がんの大敵ピロリ菌退治をお手伝い!LC1菌のパワーがすごすぎる!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

143_便秘_re

プロバイオティクス効果をもつLC1菌。生きたまま腸まで届き、腸内環境を改善し、健康的な体に導いてくれる乳酸菌です。さらに腸だけでなく、様々な胃の病気の原因となる菌も減少させる効果が期待でき、今とても注目されている菌なのです。

強くて働き者のLC1菌!腸や胃を病気から守ってくれます!!

腸の中に老廃物や悪玉菌がはびこると、さまざまな体調不良の原因に。このように腸内環境は、健康や美容に大きく影響を与えます。多くの乳酸菌は、生きたまま腸まで届くことがありません。しかしこのLC1菌は別。胃液や胆汁液に負けない強い力をもつLC1菌は、生きたまま腸まで届き、さらに腸に留まります。さらに腸壁をコーティング。食あたりなどを引き起こす原因菌の感染を予防してくれるのです。胃の病気の原因菌も減少させる効果が期待されているLC1菌は、ピロリ菌にも効果大。ピロリ菌といえば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、そして胃がんなどの原因にもなる恐ろしい細菌です。さらにこのピロリ菌に感染している日本人は5000万人以上ともいわれています。もしピロリ菌に感染したら、病院で抗生物質を処方してもらい完全に除菌する必要があります。その時、一緒に摂ってほしいのがLC1菌です。抗生物質と併用することで、除菌率がアップし、さらに治療後にも摂取すれば再感染も予防も期待できます。

LC1菌は、手軽にヨーグルトで!

ヨーグルトから手軽に摂取できるLC1菌。毎朝の習慣づけにすれば、抵抗なく続けることができそうです。また、おやつにも最適。フルーツやグラノーラにまぜることで、変化をつけるとさらにおいしくいただけます。バリエーションを自分なりに増やして、新しい食べ方を発見するのも楽しそうですね。ただ、中にはヨーグルトが苦手な方もいるかもしれません。ただLC1菌が含まれているのはヨーグルトがほとんど。それなら無理せず、いつもの料理の中にかくし味としてヨーグルトを使ってみましょう。例えばパンケーキ。牛乳の代わりにヨーグルトを使えば、さっぱりとした味のもちもちパンケーキが出来上がります。また、バナナやりんご、いちごなどのベリー類を加えてミキサーにかければ、栄養満点のおいしい飲むヨーグルトのできあがりです。

摂取目安は、1日1カップのヨーグルト

LC1菌の1日摂取量は約カップ1杯分。それだけ摂れば、整腸作用を高め、体の免疫力のアップさえも期待できます。これなら、毎日の食生活にとりいれることも簡単。例えヨーグルトが苦手な方でも、グラノーラに混ぜたり、スムージーに混ぜたり、生クリームと混ぜて凍らせアイスとして、など工夫次第で案外おいしく頂けそうです。

特に胃腸が弱い方にはおすすめ!

生きて腸まで届く乳酸菌LC1菌。腸内環境の改善に効果があるのはもちろん、胃の健康状態さえも整えてくれます。特に便秘がちの人、最近調子が悪い人、胃がすぐ痛くなる人にはおすすめのLC1菌。意識して毎日摂取していけば、体調改善に効果が期待できます。毎日1カップのヨーグルト、まずは冷蔵庫に数日分備えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加