冷えて眠れないから靴下重ね履き!それ間違ってるかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

靴下_re

足の冷えで眠れない時に靴下を履くのは良い方法?

冷え性が引き起こす症状はさまざまありますが、中でもつらいのが手足が冷えてなかなか寝付けない、ということではないでしょうか。そのため、足に靴下を履いて就寝し、少しでも足の冷えを和らげようと努力している方もたくさんいますし、そのための靴下も多く販売されています。確かに靴下を履けば素足よりも冷えは和らぎますが、実は靴下を履いて寝ることにはデメリットもあるのです。

要注意!靴下で足を締めつけてしまう

靴下を履いて眠ると、寝ている間中足が靴下によって締め付けられていることになります。キツイ靴を履いていると足がむくみやすくなりますが、靴下だけでも同じことが起こります。靴下の締め付けによって血液の流れが悪くなり、むくんでしまうことがあるのです。

むくみは血行不良が原因で起こり、冷え性もやはり血行不良で起こりますね。つまり、良かれと思って靴下を履いて寝てしまうがために、むくみで血行不良を促進させてますます冷えが進んでしまうのです。TVでサーモグラフィーを使った実験を行なったところ、靴下を履いたほうが芯まで冷えてしまうという結果も出ています。

どうしても冷えで眠れない方は・・・

靴下がないと眠れないというほどひどい冷えに悩まされている方は、できるだけ締め付けが少ない靴下を履くようにしましょう。そして、眠りにつく前に足が温まったなと感じたら靴下は脱いで眠ると良いでしょう。朝までそのまま寝てしまうことがないように気をつけるだけでも随分と違います。

あるいは、靴下ではなく足元に湯たんぽを置いたり、パジャマの下部分に厚い布を縫い足して下部分を縫い付けてしまえば、締め付けずに足の指まで温めることができます。

体の中から温める工夫をすることが大切

手足の冷えが原因で眠れないという状態から抜け出すためには、根本的な改善策に取り組むことが大切です。寝るときに靴下を履けばいったんは足を冷えから守ることができるかもしれませんが、これでは一時悩みが軽くなってもまた翌日もその翌日も同じように足が冷えているでしょう。

冷え性を根本から解消するためには、血行を促進させることが大切です。まずは食事を見直しましょう。温かいものを摂るのはもちろんですが、たとえ温めても体を冷やす作用がある食材はたくさんあります。東北の方に塩分過多が多いのは、塩分に体を温める作用があるからです。もちろん摂り過ぎはいけませんが、特に冬場はちょっと多めに塩分を摂るのも良いでしょう。あるいは根菜や、体を温める生姜を料理にどんどん使うようにしましょう。

また、運動も血行を良くするには必要です。無理にハードな運動をしたり、ジムに通う必要はありません。マッサージやストレッチをしたり、体のむくみを治すツボを刺激したりと、簡単にできることはたくさんあります。

寒い時期に手足が冷えるのは、体が内蔵を冷やさないように血液を体の中心に集めているからです。ですから、内蔵を温めてやれば血液が中心に集まる必要がなくなり、末端まで血液が巡り、温かくなります。手足を温めるより、体の血行をよくするよう心がけて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加