実は周りに迷惑をかけていた?食事改善で体臭対策をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くさい_re

宮城県仙台市在住の男性です。年齢は35才で父親と母親と3人でマンションに暮らしています。教育関係の仕事をしていて、勤務時間は大体午後1時?9時頃。なので食事時間はいつも朝食は11時頃、昼食は4時頃、夕食は10時頃に食べています。

去年の夏から体臭が気になるように。

去年の夏の事です。仕事で街を歩いていると何かふわっと酸っぱい臭いがしました。最初はすれ違った人の体臭だと思ったのですが、またふわっと臭いが。どこから臭ってくるのか嗅いでみるとそれは自分の体からでした。なんと自分の体臭だったのです。

この日から「今まで気づかなかったが、実は周りに迷惑をかけていたのではないか」という不安を感じるようになりました。何故体臭がきつくなってきたのか。その原因ははっきりわかりませんでしたが、多分食生活の乱れだと思いました。昼食はジャンクフード、夕食は和食より洋食が好きだったのでパスタばかり食べていました。改めて見てみると、これはヤバイと思ったので、早速食事改善を始めました。

食事改善で体臭対策

体臭対策にしたことは主に2つあります。まずは、生姜、酢、レモン、食物繊維や緑黄色野菜を意識的に取りました。生姜は生姜湯や豚肉のしょうが焼き、酢は黒酢や三杯酢の和え物、レモンはレモンティーやレモンスライスのはちみつ漬けにして食べました。また、食物繊維はきんぴらごぼうやさつまいも、緑黄色野菜はトマトと人参とブロッコリーを中心にサラダやバーニャカウダにして食べました。

2つ目は体臭の原因とされている脂肪分の多い食事を減らしました。例えばたんぱく質類は焼き魚や大豆、脂肪分の少ない鶏肉などを食べる。洋食より和食をメインに食べて、ジャンクフードやインスタント食品は控える、などです

食材の作用について

体臭対策で取り入れた食材には次のような効果があります。まず、生姜には肉のくさみなどをとる消臭効果のある成分が含まれていて、その成分が人体にも同じように効果があるとされています。そして、酢とレモンは、殺菌力、クエン酸効果や乳酸の抑制などで、体臭の原因をとってくれるそうです。それと同時に抗酸化作用もあるので、体臭に効くとされています。

ごぼうやさつまいもなどの食物繊維は余計な体臭の原因となる脂肪分を排出してくれます。トマト、人参、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれるビタミンはタンパク質を分解してくれるので、体臭対策に効果があるとされています。

体臭が気にならなくなった

これらの対策を続けて3ヶ月経った辺りから、体臭は全く臭わなくなりました。それまではデオドラント剤なども使用していたのですが、それをしなくても気にならなくなりました。たぶん、食事改善が良かったのだと思います。

生姜、酢、レモン、緑黄色野菜などは苦手な人がけっこういると思います。また、これらの食材はコストや料理する手間もかかります。しかし、私の実体験から言わせてもらうと体臭改善にはとても効果があると思います。もし体臭でお悩みの方がいましたら、ぜひ1度実践してみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加