デトックス効果や造血作用があるクロロフィルで健康な体に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

元気な女性_re

デトックス効果や造血作用があるクロロフィルで健康な体に!

クロロフィルという栄養素は青物野菜に多く含まれる緑色の色素です。緑が多い野菜を摂ることで効果的に摂取することができます。

青野菜をたくさん食べると体に良いことはほとんどの方が知っていますが、この栄養素には小腸の小さな繊維質にこびりついた有害物質まで取り除くすごい作用があるのです。またコレステロールも排泄する働きがあるので、緑の野菜はやはりたくさん食べた方が良いようです。

クロロフィルのデトックス効果はものすごい!

小腸には無数の絨毛という突起があり、入ってきた食べ物の栄養素を吸収しながら先へと送り出していく働きをしています。でこぼこした谷間になっていて、この谷の部分で栄養が吸収されるのです。ここに有害物質が溜まってしまうと思うように栄養が吸収できなくなります。

クロロフィルは絨毛にこびりついた有害物質を取り除くので、健康維持には欠かせない栄養素といえます。

クロロフィルは造血作用がある大切な成分

クロロフィルは血液中のヘモグロビンと似た構造を持ち、造血作用に優れた栄養素です。特に貧血の方は取り入れたい成分でもあります。

また緑の血液ともいわれ、体の中を整える働きをします。血液をサラサラにしコレステロールを排泄する作用があるので、動脈硬化の予防に効果的です。血圧が気になる方にはおすすめの栄養素です。

クロロフィルは熱した方が効果がある!

クロロフィルを多く含む食材に小松菜やほうれん草があります。成分は固い細胞壁の中にあり、咀嚼では外に出てこれず腸をそのまま素通りしてしまいます。

効果的な調理法は、熱を加えることです。熱湯にさっとくぐらせておひたしにしたり、油で炒めると効果的に取り入れることができます。汁ものなどは、あらかじめ茹でたものをお椀に盛ることで変色を防げます。

海苔は簡単にクロロフィルを取り入れられる食材

緑の野菜にクロロフィルが多いのは分かっているけど、茹でたり刻んだりする時間がないときは、海苔がおすすめです。海藻を細かく粉砕し加工してあるので、成分をそのまま摂取することができる便利な食材です。

いろいろな食材を手巻きにしたり、ご飯にふりかけて毎日手軽に栄養を取り入れることができますね。

青野菜に含まれるクロロフィル、摂りすぎても大丈夫?

クロロフィルは青野菜に含まれる成分で、摂りすぎによる副作用は認められていないので、安心して摂取して良い成分です。

ではどのくらい摂取すると健康に効果的かというと、小松菜やほうれん草で3/4束、海苔で6枚ほどが目安です。少し量が多めで毎日はむりという方にはサプリメントが効果的です。その場合は用法や用量に気をつけましょう。

料理に幅があり栄養素が豊富!クロロフィルで元気づくり

クロロフィルを多く含む小松菜やほうれん草。いずれも調理しやすく和風から洋風までレパートリーの幅が広いのも嬉しいポイントです。さらに熱を加えた方が栄養成分が取り入れやすい便利な食材で、ごまやかつおぶし、ピーナッツなどを加えることで美味しさも倍増します。

小腸から血液まで体の中をピカピカにしてくれる優れもの。たくさん食卓に登場させたくなりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加