黒コショウの驚くべき健康効果とは?滋養強壮や血行促進も!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒こしょう_re

血行促進や滋養強壮に最適!黒コショウの効果のまとめ

黒コショウは料理の味を引き立てるだけでなく、実は、血行促進や滋養強壮に効果があります。

血管を広げて『血行促進』

黒コショウに含まれている辛味成分のペパリンは、血管を広げる作用を持っています。そのペパリンの効果により、血管内に血液が流れやすくなり、血行が促進されます。また、血行が促進されると体にさまざまないい影響がでてきます。中でも一番変化があるのは、新陳代謝が活性化することで、これにより、体質改善やダイエット・痩身効果が期待できます。

効率的に栄養を吸収!『滋養強壮効果』

黒コショウには、アルカノイドという成分が含まれています。アルカノイドには、一緒に摂った食品の栄養素の吸収を促進する効果があります。つまり、より効率的に栄養を摂取することができ、健康な体に導いてくれる効果が期待できるのです。栄養分の高い食物を摂取したとしても、実際にそれが体内で吸収されなければ意味がありません。アルカノイドを摂って、体に必要な栄養分の摂取を促進し、滋養強壮の効果を体感しましょう。

黒コショウの摂取方法とは?調味料やオイルで手軽に摂れる!

調味料

黒コショウは野菜炒め、チャーハン、パスタ、スープなど、幅広い料理と相性がいいので、普段の料理に加えるだけで簡単に摂取量を増やすことができます。また、栄養を摂れるだけでなく、料理の味が引き締まる効果も期待できます。ただ、辛味が強いスパイスであるため、一度に大量に摂取するには限界があります。過剰摂取は胃腸を荒らす原因にもなるので注意が必要です。ポイントは適度な量を、こまめに摂取すること。これにより、アルカノイドやペパリンによる健康増進の効果が高まります。

さまざまな料理に使って、黒コショウを摂取する習慣をつけましょう。料理をしない人は、外食やお弁当を買う際に、サラダ、野菜炒め、ハンバーグ、パスタなど、黒コショウで味付けされた料理を選ぶようにしましょう。入っているかわからないときは、パーケージの品質表示を見て確認するのもいいでしょう。

オイル

植物の種子である黒コショウは、一般的には細かく砕いた固形の粒や、その粒をさらに細かくした粉末状のものを利用することが多いものです。しかし、最近ではオイルに成分を溶け込ませて、そのオイルを料理で使い、黒コショウを摂取する方法もでてきています。粉末の黒コショウより、オイルの方が手軽に使えることで人気を集めています。

健康に気づかうのであれば、オリーブオイルに漬け込んだものを使うと効果的です。オリーブオイルは、食用オイルの中でも健康に良い成分を持つオイルなので効果が高まるでしょう。

日本人は不足ぎみ?黒コショウの1日の摂取量とは

黒コショウの中に含まれているペパリンという成分の1日の摂取量は、10~20mg程度が目安とされています。世界では多様な食文化があり、黒コショウを毎日の食事で摂取している国もあります。しかし、日本人が食べている和食は、醤油や塩で味つけることがほとんどなので、黒コショウをあまり使いません。そのため、外国の人と比べると、日本人の黒コショウの摂取量は不足しているのが現状です。家庭に黒コショウがない家もあるのではないでしょうか?

最近では、黒コショウだけのものや、黒コショウと塩が混ざっているものなど、さまざまな種類が売られています。初めて黒コショウを買う人は、黒コショウと塩が混ざっているタイプがおすすめです。塩を使うのと同じ要領で使えるので、手軽に黒コショウを摂れます。一度スーパーで探してみるといいでしょう。

また、黒コショウは食前に摂取すると、栄養吸収のサポートや血行促進といった効果が、さらに高まります。サラダに黒コショウを使うなどして、メイン料理を食べる前に摂取することを心がけるといいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加